気になる?!教師のお金事情はこちら

「待つ」という教育の重要性。危険なのは「こうでなければならない」と押し付けること。

「待つ」という教育の重要性。危険なのは「こうでなければならない」と押し付けること。

子どもの自主性を尊重する

先生が生徒と接するときに、気を付けたいこと。

女性シルエット

あ~そうじゃない。ここはもっとこうしたほうが…。

 

「よかれ」と思い、あれこれ「指示」をすること。

 

ついつい我々は、「効率」や「良い結果(完成度・充実度が高い結果)」を求めてしまいます。

だからこそ

女性シルエット

こうじゃなければ、ダメでしょ!
これをしたら、ダメでしょ!

 

このように、子どもや生徒のやることに対して

禁止や制限をすることが多くなってしまいます。

プロフィール写真
教師より、親心として行う方が多いかもしれません。
親だからこそ、理想を強く求めてしまいますから。

 

しかしこれが行き過ぎると、それは単に

価値観の押しつけ

です。

 

本日は

価値観を押し付けることなく、生徒の自主性を伸ばすにはどうしたらよいか?

について話を進めていきます。

あわせて読みたい記事

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ!
先生が身につけたいリーダーシップ。今すぐ実践できる「声かけ」の違いについて

 

Advertisement

「こうあればいいな」が「こうでなければならない」に変わる

私たちは、一つの考え方に縛られやすいです。

女性シルエット

こうあればいいな。

 

と言う程度だった気持ちも、やがて

女性シルエット

こうでなければならない!

 

に変わっていくことがあります。

 

プロフィール写真
いい結果をもたらした、と思っている取組みや考え方ほど、それに固執していきます。

 

例えば、あなたに絵心があったとします。

あなたなりに上手に書くポイントはいくつか知っています。

プロフィール写真
陰影をつけたり、バランスや構図を良くする方法だったり。

 

しかし、生徒はまだ知りません。

どうしたら上手くかけるのかわからなくなり、生徒の手は止まります。

女性シルエット
先生

ここで、教師の出番だな。

 

そう思い、あれこれアドバイスを矢継ぎ早にしていきます。

女性シルエット
先生

ここは、こうしたほうがいいんじゃないかな?
ここに、これを足してみたらどうだろう?

 

言われた通りに、生徒は書き足していきます。

すると、完成した絵は上手に書けました。

女性シルエット
先生

やった!アドバイスが上手く効いてくれた。よかった。

 

生徒が納得して書き進めていったのであれば問題はないかもしれませんが

気を付けたいのは

女性シルエット
先生

この指導方法が、絶対合っている!

 

と思い込んでしまうことです。

プロフィール写真
私たちは「一つの考え方に縛られやすい」ですからね。

 

やがて、あなたの「価値観・美意識からズレるような作品」に出くわすと

女性シルエット
先生

ここは、こうしたほうがもっとうまくなるよ。
ここは、こうすればいいよ。

 

ついつい良かれと思って、あれこれ指導するうちに

女性シルエット
先生

ここは、こうしたらダメ!
ここは、こうしなさい!

 

と、制限や禁止が増えていくことになります。

やがて、教えたいという気持ちだけが前のめりに…。

プロフィール写真
「こうあればいいな」と思っていたことが「こうあるべきだ」に変わった瞬間です。

 

否定されるとヤル気を無くす

しょんぼりした顔

絵が上手い人には、思うように書けない人の気持ちが分からないものです。

良かれと思ってあれこれ言ったことが、「マイナス」にしかならないことは結構多いです。

 

あなたも、こんな経験ありませんか?

否定されたり行動を制限されたりすると、強い反発心を持ったこと。

間違い無く「正論」であったとしても、主張の正しさを受け入れることが難しかったこと。

こうした考えや気持ちがキッカケとなって、生徒に「悩み」や「挫折」が生じます。

プロフィール写真
その結果、生徒はヤル気をなくしてしまいます。

 

大人でもそうですが

ヤル気を無くしたのに「挑み続ける」ことは非常に難しいです。

進むつもりがなくなった道を、再び歩んでいくことは無いでしょう。

女性シルエット

んじゃ、どうすればよかったの?

 

プロフィール写真
正しいことを伝えるだけでなく、ヤル気になる様な言葉をかけてあげること。
そして、「待つ」ということも大事になってきます。

 

ヤル気を出させるような声掛け

気づき

今すぐ実践できる「声かけ」でも話していますが

生徒のヤル気を損なわせないために必要なことは、「フィードバックの5段階」の1つ目を活用すること。

すなわち「客観的事実だけを伝える」ということです。

 

例えば、枠からはみ出して塗られていたとしても

女性シルエット

枠からはみ出さないように。

 

と最初から言うのではなく

女性シルエット

枠から色がはみ出しているね。

 

このように、事実だけを伝えます。

男性シルエット

回りくどくない?時間もかかりそうだし。

 

確かに、この方法だと「生徒自身がどうしたいか?」に気づくまで時間はかかるでしょう。

効率も悪いかもしれません。

プロフィール写真
その結果「待つ」という時間が増えることになります。

 

しかし、これによって

「生徒の主体性」が生まれます。

プロフィール写真
生徒自身が「あえて」はみ出させているなら、そこに本人の意思がありますし
「知らないうちに(するつもりがなくて)」はみ出しているなら、自分が気づいて直そうとするはずです。

 

その後の流れについては、こちらの記事に詳しく書きましたので参考にしてください。

先生が身につけたいリーダーシップ。今すぐ実践できる「声かけ」の違いについて

 

この、「自分で気づいて行動する」という

「主体性」こそ、「待ちの教育」によって得られる最大の効果

です。

プロフィール写真
主体性を大事にする、というのは昨今言われている「アクティブラーニング」の目的と一致する部分でもあります。

 

アクティブラーニングを高校の授業でしたいけど、グループワーク以外に思いつかないあなたへ、3つのポイント

 

教えるときは、細かく伝える

大きいままだと、無理に詰め込むしかない

例えば、コップの中に氷をどんどん入れていって一杯になったとします。

この状態で無理やり新たらしい氷を入れれば、器の方が壊れてしまうかもしれません。

でも、まだ隙間もたっぷりあるし…。

 

そんなときは

入れる氷を細かく砕いてあげれば、隙間を埋めるように入り込んでいきます。

細かくすれば、スキマに入り込める

スキマを埋めるように入っていった氷のおかげで、コップの中は前よりもたくさんの氷が入りましたし

なにより「もともとあった氷」達もブレなくなりました。

プロフィール写真
何が言いたいのか、お気づきですね?
氷を知識に置き換えてください。

 

知識や技術を一方的に与えているばかりでは、すぐにいっぱいになってしまいます。

そこで、無理矢理押し込むのではなく

氷を砕いて粉にするように、教える側が「自分の知識をかみ砕いて」伝える

これによって、器(生徒)はすんなりとその知識を吸収することができます。

 

物事を細かくしていくというのは「チャンクダウン」とも言います。

効率よく、効果的に物事を進めるときには大事なことですので

覚えておいて損はありません。

成果をあげるためには、たった2割を集中すればよい?すべてを頑張ってしまうあなたに読んでほしい1冊

 

ちょこっとでも成果が出たら、褒めてあげる

Praise

待って、待って。その後に生徒自身なりに「答え」をだした。

そうしたら、どのような内容であっても「肯定」してあげてください。

プロフィール写真
もちろん「どのような」の程度によりますが…。

 

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ! でも話しましたが

褒められることで「認められた」「出来た!」という喜びや快感が得られ
再びその感覚を得ようとして、自ら行動し始める。

これが期待できます。

プロフィール写真
その結果、自ら「考えて」行動するようになりますね。

 

生徒自身に「考える力」が育っていけば、生徒自身の知識や経験を「組み合わせ」て、生徒自身に襲い掛かる「悩み」や「不安」を、生徒自ら解決していけるようになります。

プロフィール写真
いわゆる「指示待ちの人間」にならずに済むかもしれません。

 

待つ、という教育がもたらすもの

success

生徒は、これからどんどん伸びていきます。

さまざまな可能性を秘めています。

 

それを活かすも殺すも、周りの大人次第。

特に、教育現場にいる教師の関わりが作用することは言うまでもありません。

 

教師の「価値観」を押し付けるだけでなく

生徒の「主体性」をはぐくむような

待ちの教育をしてあげること。

そうすれば生徒自身に考える力が自然と身に付き、生徒たちはより成長していくでしょう。

 

具体的には

  1. フィードバックの5段階を活用する。
  2. 伝えるときは、細かく噛み砕いて伝える。

この2点を意識してみてください。

あわせて読みたい記事

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ!
先生が身につけたいリーダーシップ。今すぐ実践できる「声かけ」の違いについて
成果をあげるためには、たった2割を集中すればよい?すべてを頑張ってしまうあなたに読んでほしい1冊

 

テクニックカテゴリの最新記事