気になる?!教師のお金事情はこちら

県職員の自殺から考えさせられること。幸せと残業とタイムカード。

県職員の自殺から考えさせられること。幸せと残業とタイムカード。

報道

先日、関西ローカルのニュース番組で「奈良県職員、自殺」のニュースが取り上げられていました。

本日は、そのニュースを受けて思うことを、つらつらと話したいと思います。

 

キーワードは

幸せ、長時間勤務、タイムカード。

そして

ガン細胞

です。

 

Advertisement

県職員自殺の報道内容について

過重勤務訴え、35歳県職員自殺
出典 阪口保(奈良県議会議員)@sakagutit ーTwitter

2017年5月に、奈良県職員で当時35歳の男性主査が自宅で自殺し、その背景には

  • 「長時間勤務」
  • 「サービス残業」

などがあるとされ

県庁のその後の対応や、長時間勤務の問題点などについて

亡くなった約半年後である、11月に関西ローカルのニュース番組で取り上げられました。

 

ツイッターから拾ってきた上記動画は、亡くなった彼のこと、長時間勤務などについて、直接県知事に質問された、県議会議員の方がアップしたものです。

 

仕事に追い詰められて、死にたいと思うこと

亡くなった方が

  • 県職員(公務員)
  • 30代

という、境遇に共感できる部分があって、色々と考えさせられます。

 

私のブログでも、たびたび

というように

 

長時間勤務や、それに起因して「仕事を辞めたい」と思う人に向けて(ターゲットにして)情報を伝えてきました。

 

その結果、本ブログへ到着してくれる検索ワードで、常に上位にあるのが

「教師 辞めたい」

 

私なりに、「辞めたい」と思っている人に向けて、アドバイスをしてきたつもりです。

でも、考えが甘かった。

 

幸か不幸か、私は、「仕事に追い詰められて、死にたい」と思ったことが、ない。

 

死にたい、と思っている人に届けたいメッセージ

「仕事に追い詰められて」という理由で、死にたいと思ったことがない私ですが

そんな私でも、人生の中で「死にたい」と思ったことが、1度だけあります。社会人になってからです。

 

「タイミングが悪ければ(出会っていたら)、私も神奈川県のアパートに行っていたかもしれない」

本気で、そう思います。

 

ひょっとすると、この記事を読んでくれているあなたも、これまでに

「死にたい」って思ったこと、あるかもしれませんね。

 

でも、私は生きています。

 

現状、目に見えて生活が向上している訳じゃいないし、改善もしていない。

それでも「死にたい」と思っていた頃より、確実に「安定」しているし、いくらかの「幸せ」も感じられるようになった。

 

幸せの定義なんて、千差万別。

 

そして

幸せは、この世で数少ない「自分による評価」で、その「価値」が決まるもの

だと、思う。

 

自分による評価ができるのは、生きていればこそ。

死ぬことによって得られる幸せは、存在しない。

このことだけは、今、はっきりとわかる。

※「自分の命を犠牲にして、愛する人の命を助けられる」という特殊な状況なら、話は別だろうけど。

 

残された家族がどうとか、周りを不幸にするとか、何より自分が逃げ出したいとか、とりあえず関係ない。

 

人はみな、幸せを願って、幸せになるために生まれてきた。このことに、間違いはないハズ。

生きていればこその、幸せ。

もし今あなたが、「死にたい」と思っているなら、この言葉だけでも届いてほしい。

 

長時間勤務とタイムカード

民間の多くがそうであるように、職員(従業員)の勤務時間管理は、タイムカードで行っています。

しかし、教師は違う。

などで話していますが

 

教師の勤務時間は、はっきり言って

管理されていないに、等しい

です。

 

そんな中、教師の現場にも、タイムカードを導入しようとする動きがあります。

 

もちろん、労働環境改善の一つとして、何もしないよりはマシですが

タイムカードを導入したところで、この先も教師の勤務状況が、なーんも変わらないことは

冒頭の県職員の自殺、及びそれに関わる知事の発言から、簡単に想像できます。

 

お亡くなりになった方のタイムカードによると、月の残業時間は、100時間近く。

しかし、実際に、残業として認められたのは、わずか40時間にも満たない。

 

質疑応答で、県知事自ら

「上からの指示なしで残っていたのは、残業とは言えない(可能性があるため、精査が必要)

と、話していることから

 

教師の業務に照らして考えれば

教材研究や、授業準備等については、残業として認められない可能性が、非常に高い

 

誰かがやらないといけない仕事は、自主的な仕事?

残業代に充てられる予算に、限りがある以上、ましてや、その出所が

労働者(教師)が得た売上から出されるのではなく、「税金」が使われる

ということからも

適正かつ正確に、残業を見極めなくてはならない

ってのは、もちろん理解しますし、納得できます。(しているつもりです)

 

でも、県職員だった彼の、98時間分の残業仕事も

誰かがやらなきゃいけない仕事=県庁の仕事

です。

 

やらなくてもいい仕事を、わざわざ好んで、やっていたワケじゃ無いでしょう。

 

それにも関わらず、一人の(しかも同年代の)尊い命を失った後にもかかわらず

「上からの指示なしで残っていたのは、残業とは言えない。」

 

こんな発言が、できてしまう役所の体質や風土。(特に、上に立つ人たち)

 

こんなコトを知ってしまうと

タイムカードを導入したところで、現場の実態把握なんて、一切出来るはずがない

と思ってしまうのは、私だけでしょうか?

 

多額の税金を使い、タイムカードを導入してまで、得たいモノはなんなのか?

今後、教育現場にもタイムカードが導入されたとすれば

長時間勤務を許すような管理職には、当然

管理職のさらに上から、管理職に対して、指導が入ることになるでしょう。

 

これを避けるために

私たちの上司にあたる「管理職」が、タイムカードの工作をする(または、命じる。)

可能性としては、十分考えられます。

 

最悪の場合

「私は帰りなさい、と伝えたから、残業とは認められ無い。」

と言い逃れをする可能性すら、あるかもしれません。

 

タイムカードは

「きちんと”働き方改革”、”ワークライフバランス”を考えていますよ」と

  • 形骸的にアピールするための材料に使われるだけ
  • 数字あわせの小道具に過ぎない

可能性が、捨てきれない・・・。

 

莫大な、税金を投入してまで、タイムカードを導入し、上は何を得たいのか・・・

 

この「不安の先取り」が、杞憂で終われば良いのですが

どうも、荒井県知事の発言や、報道に出て来た人たちの証言などを聞いていると

杞憂で終わらないように思えて、仕方がないです。

 

奈良県に限らず、全国でも同じ?

しかも、この話は、奈良に限らないと思う。

 

別日(2016年2月)に行われた議会、そのときの荒井知事の発言によれば

「奈良県は、働きかた改革について、積極的に議論を行っている県」

らしいですので

 

最前線を走っている(らしい)トップ(の県)が、こんな考え。ということは

どこの都道府県でも同じ。または、それ以下の認識。

だと思います。

※荒井知事の発言を、鵜呑みにするのも、どうかと思うけど。

県は先程答弁いたしましたようにブラック企業ではありません。

県民の皆様が誤解されないように私はほんとうにお願いしたいと思います。

県と職員組合がこんなに働き型改革をやっている県はないんです。それを理解していただきたいと思っております。

引用 県庁はブラック企業?ー日本共産党奈良県会議員団

 

帰りましょう、と呼びかけて帰るなら、とっくに帰ってる。

最近では「ノー残業day」や「上司が積極的に帰って、模範となること」というのが、あります。

変わったところでは、パソコンンを強制シャットダウンするとか、チャイム替わりに「ロッキーのテーマ流す」とか。

 

これらの取り組みで、残業に対して一定の効果がある会社も、存在しているでしょう。

 

「長時間勤務を無くすための取り組み」自体は、評価したいし、推奨に反対しませんが

大事なことは(特に、上司が)、定時に帰れるようにするため

社員・職員「全員」の「仕事量の最適化」を行わなければ!

ってところまで「考えが、至るかどうか」だと思う。

 

じゃないと、「仕事を後回し」しているだけだから、「しわ寄せ」が来るため、帰れない。

むしろ、しわ寄せが来ることによって、いつもの残業より、ひどくなる日もあるかもね。

 

プレミアムフライデーが今一つ定着していない背景には、これが影響しているんじゃないかな?

「帰れ、と言われて帰れるなら、とっくに帰ってるわ!!」

って。

プレミアムフライデー浸透せず 開始4カ月、認知率9割でも 「仕事減らなきゃ意味ない」ー毎日新聞

 

プレミアムフライデーが教師の現場にやってくるのは、永遠にないでしょう。

しかし

定時に帰れるようにするため、社員・職員「全員」の「仕事量の最適化」を行うこと

このことだけでも、上司である「管理職、教育委員会、知事」には、考えてもらいたい。

 

残業を減らすことができない「上司」に届けたい、言葉と作品

最後に、ここまで読んでくださったあなたに、伝えたい言葉と作品があります。

 

「私じゃなくて、上司に言ってくれないかな?」と言われそうですので

「上司に届けたい」言葉と作品

としています。

 

上司に届けたい、言葉

まさに、これ。

 

上司に届けたい、作品

殿、利息でござる!

 

  • 主演が阿部サダヲだし(大好き)
  • パッケージ見ると「お笑い」「おもしろそう」要素強いし
  • 「超高速!参勤交代」のキャストと近い部分もある

だから、「笑う準備」をして、見はじめましたが

完全に、裏切られた。

 

マジで、感動する。

しかも、実話らしいから「驚き」

 

プライム会員なら、Amazonプライムビデオ

無料で見られるので、見ていない人はぜひ見てほしい。

まだ、プライム会員じゃない人は読んでみて

Amazonプライムに否定的だった私が、Amazonプライムビデオを体験してわかったこと

 

街を愛する思い、町民を愛する思い、ってのは、公務員や教師が本来持つべき感情。

 

そのために、自分に何ができるか?仲間と何をすべきか?

体制を変え、想いを「お上」に届けるまでに、一体いくらの「命」と「お金」が必要なのか?

 

たくさんの犠牲が払われないと、意識を変えることができない上司にこそ、見てほしい作品です。

殿、利息でござる!を見る

 

最後に

お亡くなりになった、奈良県職員の方は、私と同じ30代。

これからの人生の方が、長い。

 

周囲の人たちには、「愚痴」とも「弱音」とも「SOS」とも取れるような、言葉を漏らしていたようです。

人生まだまだ長いから、その長さが「絶望」に変わって、「諦める」しかなかったのかな…。

 

電通事件にしろ、今回にしろ

仕事に殺されるって、一体なんなんでしょうね。

 

「仕事とは?」という問いに対して

  • 生きがい
  • やりがい
  • 自己成長
  • 社会貢献

が「模範解答」とされている、就職試験を経て入社し

 

サービス残業、長時間勤務などによって

 

「NGな答え」とされている

生活の手段のため

に、自分の考えが変わっていく。

 

残業、長時間勤務っていうのは、「ガン細胞」と同じなんでしょうかね?

根本的治療と、早期発見が、必要なのかもしれません。

 

 

あわせて読みたい記事

教師の勤務時間問題。長時間勤務は必然?残業で成り立っている現状

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話

 

ニュースやコラムカテゴリの最新記事