教師の転職体験談 安定

安定という理由だけで教師を続けていた人が転職した体験談

教師の転職体験談 安定

教師を辞める理由はひとそれぞれ。

この記事を読んでいるあなたにも、あなたなりの悩みがあるでしょう。

男性シルエット
教師しかしてこなかった自分が、辞めてもやっていけるのだろうか…。

そんな不安を抱えているあなたに向けて、実際に転職をした先生に話を聞いて、その方の体験談をお伝えしようと思います。

プロフィールイラスト
転職する際、何かしらのヒントになれば幸いです。

参考 転職の体験談 一覧

広告

教師は安定している、その理由だけで10年以上働いたAさん

プロフィールイラスト
仮にAさん(35)としておきます。
Aさんよろしくおねがいします。
男性シルエット
よろしくおねがいします。
プロフィールイラスト
さっそくなんですが、Aさんが先生をされていた時の話をお聞かせいただけますか?
男性シルエット
私は大学を卒業してから、ずっと教師をしていました。
先生になった理由は…。恥ずかしいんですが「安定」していたからです。

 

34歳の時に転職を意識されたというAさん。

平成18年に大学を出られたということは、日本では就職難の真っ最中。

プロフィールイラスト
安定志向が高かった時代ですから、教師に限らず「公務員」が人気の時代でしたね。
私も同年代なので、すごいよくわかります。

参考

教師を辞めて失うもの、真っ先に思いつくのはお金。次に安定性。

 

男性シルエット
教師の仕事がきついと思ったこともありましたが、それでもなんとか続けることができたのは安定していたというのが大きいです。
民間に就職した友人はボーナスなんてろくにもらえないと言っていた時代です。
プロフィールイラスト
確かに(社会情勢を鑑みて減額はされますが)必ず年2回ボーナスがでる教師の仕事は安定してますものね。

参考

教師の給料大公開!退職金も公開!30代地方高校教諭から転職はアリ?

 

男性シルエット
しかし、34歳になった時に辞めようかと決意しました。
安定しているという理由だけで12年ほど働いてきたわけですが、年々自分が選んだ仕事に対して疑問を感じるようになったからです。
プロフィールイラスト
具体的に「疑問」とは、どういうことですか?
男性シルエット
私の人生、このままでいいのか? という疑問です。

 

どちらかというと消去法に近いかたちで教師という職を選んだAさん。

仕事に慣れ、責任あるポジションを任されるようになってきたからこそ、本当に自分がしたい仕事ってなんだろう…と考えたそうです。

 

プロフィールイラスト
安定しているという理由だけで10年以上働いてきたAさんは、安定よりも「やりがい」を求めるようになったんですね。

参考

【教師の辞め方】教師辞めたいのに言い出せないあなたへ

 

プロフィールイラスト
そしてAさんは、働きながら転職活動を始めます。

 

空求人が多く、30代という年齢も、教師の転職で大きな障壁に。

男性シルエット
勤務年数が12年になっていましたが、いざ転職するといってもいったいどのようにしたらいいかわからない状態だったんです。

確かに、教師なら決まった時期に行われる教員採用試験を受けて教師になるか、講師登録をすればいいだけですからね。

いざ転職! と思っても、民間への就職経験がないと何をしていいかわからないものです。

 

男性シルエット
そこで、私はたくさんの本を読むことにしたわけです。
プロフィールイラスト
本ですか。
男性シルエット
やはり、知識を持っていない分野に関してはなるべく早く対策を立てて知識を吸収するほうが良いと考えたので、ビジネス書なんかを読むようになりました。

 

経済に疎くなりやすい教師は、自分で知識を吸収しようとしないと、どんどん世間からずれていきます。

プロフィールイラスト
売上とかも意識しないですからね。

参考

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話

 

ただキツイことを言えば、それは回り道…というか転職をするにあたって最短の道ではないように思います。

プロフィールイラスト
知識から入ろうとする教師の悪い癖です。

とはいえ、Aさんは無事転職に成功されているので、それ以外にも取り組みがないか伺いました。

 

男性シルエット
長期休業中を利用して職安へ行って仕事を見つけようとしましたが、空求人と呼ばれるものが多くて、職安ではなかなか見つけることができませんでしたね。

空求人とは?

空求人とは、実際には募集をしていないのに、形式上だけ人を募集しているように見せる求人票のことです。

特に採用活動をしていない時でも、ハローワークとの付き合いで採用活動をしているように振る舞うんでしょうか…。

最近ではハローワークの指導も厳しくなったので無いと思いますが、当時はあったのかもしれませんね。

 

男性シルエット
そのため、私の場合は最終的に転職サービスを利用して、新しい転職先を見つけることにしました。
プロフィールイラスト
やはりそれしかないですよね。
男性シルエット
しかし思ったように探すことは出来ませんでした。
やはり、20代でないとスムーズに転職先を探すことは出来ないように感じました。

 

転職サービスによっては「20代後半まで」と書かれた求人が多いところもあるため、35歳になろうとしているAさんのように、30代ともなるとなかなか求人数は多く無いようです。

男性シルエット
絶望感を感じましたね、遅すぎたのかって。

 

転職サービスに登録をし、魅力的な仕事に出会った

Aさんの場合、時系列を整理すると

  1. 転職を決意
  2. ビジネス書を読む
  3. 転職サービスを利用する(30代という年齢で、思うように進まない)
  4. 職安に行く(空求人が多かった)
  5. 別の転職サービスを利用する

という流れをとっています。

 

プロフィールイラスト
複数の転職サービスを利用することになったんですね。

そして2度目の転職サービス利用時に、なかなか魅力的な仕事があったんだとか。

プロフィールイラスト
職種としてはなんでしたか?
男性シルエット
塾講師です。

潰しがきかないと言われている教師からの転職ですが、塾講師なら今までの経験を生かしやすいそうです。

参考

教師は潰しが効かない?後悔しない転職をするために必要なことは、ズバリこれ

 

男性シルエット
今では、教科指導の経験も活かせるし、塾講師を選んで良かったなと思います。
プロフィールイラスト
嫌なことはないですか?
男性シルエット
始めは夜型の生活に慣れませんでしたね。
でも、3週間~1か月経つとリズムも出来て、苦にはなりませんでした。

 

 

教師は朝早くから夜遅くまで働いているので、むしろ勤務時間は減ったそうです。

あわせて読みたい記事

教師の1日。問題点と改善点

 

教師からの転職に成功したAさんのポイント、まとめ

Aさんの話を聞いて、いろいろとわかったことがあります。

  • 安定しているという理由だけでは、教師の仕事は長く続けられない。
  • 転職サービスは、複数利用すると情報の幅が広がって、魅力的な転職先が見つかる可能性が高くなる。
  • 仕事に疑問を感じたら、行動することが大事。

 

一つの方法が無理でもそこであきらめず、情報収集を怠らずに行動すれば、活路は見いだせるのかもしれません。

プロフィールイラスト
転職サービスを複数利用するってのは、私もおススメですね。
出来るなら、大手転職サービスとコンサルをしてくれる転職エージェントの2つを利用するとよいです。

実際に私が利用したのがコチラ。

リクルートエージェント転職支援サービス

大手に登録したら、心の拠り所ができて安心しました。

登録したその日から企業のオファーが届く、スカウト型転職サービス

▽今すぐ確認する?▽

 

プロフィールイラスト
Aさん、貴重な体験談ありがとうございました。
塾講師でバリバリ働いてください!
男性シルエット
ありがとうございます。今は元勤務校に入りたい生徒に勉強を教えています(笑)
違和感をもったまま働き続けていたら、年齢のせいもあってそのままズルズル働いていたと思います。

 

Aさんのように複数の転職サービスから、自分にあったものを探すのはおススメです。

【教師のタイプ別】転職サポート会社を徹底比較!あなたにあったおススメ紹介。

 

「今のままでいいのかな…。」

そう思ったら、まずは情報収集から始めてみましょう!

 

あわせて読みたい記事

教師の転職体験談 安定
気に入ればフォロー
広告