ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ!

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ!

光を目指す

人が何かをする際のきっかけや、目的意識のこと

モチベーション。

 

教える側も、教えてもらう側も、モチベーションひとつでその吸収が随分と変わってきます。

教師が生徒の上に立ち

  • 威圧的
  • 高圧的

に指導する時代は、過去のモノです。(賛否はどうあれ)

 

「この人についていく」「この人に認められたい」

 

と、意識してついてくる生徒に対しては、特にこちらがあれこれ施策を講じなくても問題はありません。

 

問題は、ついてきそうでついてこない子、全くついてこない子です

 

後ろ向きな生徒に対して、まずは

  • モチベーションをあげること
  • そして維持させてやること

これが非常に重要になってきます。

 

そのために必要なテクニックは以下の6つです。

 

生徒のモチベーションを上げ、維持させるために必要な6つのポイント

 

それでは、具体的に、生徒のモチベーションを上げる、または維持させるために必要な6つのテクニックをお話しします。

 

「楽しく学べる」環境をつくる

Broken windows

割れ窓理論をご存知ですか?

そのまま「Broken Windows Theory(ブロークンウィンドウ理論)」なんて言ったりもします。

 

理論は

  1. 割れた窓を放置すると、誰も関心を寄せていない、というサインになる
  2. やがて軽微な犯罪が増える。
  3. 環境の悪化
  4. 凶悪犯罪が増える

だから

治安悪化のルートを止めるべく、些細なほころびから、徹底的に排除する。

すると、治安が回復していく

というものです。

 

これを応用している企業も複数あります。

 

有名なところでいえば

  • ニューヨーク市
  • ディズニーランド・ディズニーシー
  • Apple(スティーブジョブス)

などがあげられますでしょうか。

 

例えば、スティーブジョブス。

 

彼は、80年代、自身の失敗などによりApple社を追放されます。

その後10年かけて、Appleの業績が落ち込みつづけ、Appleはもはや沈む寸前。

そんな90年代後半に、ジョブスは再び代表に就きます。

 

彼がまず行ったことは、環境を整えることでした。

ペットの持ち込み禁止や、汚い作業環境の改善など

社内の意識改革を徹底的におこない、モチベーションのアップをはかっていきました。

 

その後のApple社の業績回復は、ご存じのとおりです。

 

学校教育においていえば

挨拶ができない、ごみが散らかっている、など

ついつい見逃してしまいそうなところにこそ、注意を払い、環境を整えること。

 

これを前提にしてください。肝心なのは、徹底することです。

 

まずは、期待させる

期待

「出来ない」「無理だ」などの否定的・悲観的な言葉を繰り返させないことです。

 

大人でも

  • 高い障壁
  • 逆境

を打ち破って前に進むことは、容易ではありません。成長途中の子どもであれば、より、そうです。

 

歩みを止めるのは、絶望があるからではありません。あきらめてしまうからです。

その反対に、歩みを進めるのは、希望があるからじゃありません。意思があるからです。

 

私が好きなマンガの一つ「ARMS」に出てくる一説です。(多少、表現は違いますが)

 

そこに希望があり(または探そうとし)、意思をもって進むようになる。

 

まず、教師の役割としては、希望を持たせ期待させること。

 

これが、モチベーションを維持させるうえで、非常に大事です。

 

相手の成功を前提に会話する

success

生徒から、「自分は本当に大丈夫なのだろうか。」と相談されたとき

教える立場である教師は迷いを見せてはいけません。

 

迷わず「成功を前提に」話をすすめます。

 

この話の進め方については、年代によって工夫が必要でしょうから、詳しくは生徒との対応、年代別の指導方法をご覧ください。

 

否定、愚痴、揚げ足取り、嫌味…。

その言葉を聞かされて、モチベーションが上がる、維持させることは、絶対的に不可能です。

 

生徒が迷っていたり、不安があるようなら

教師として「迷わず」、「成功を前提に」話をすすめてあげる。

こうすることで、生徒はモチベーションを維持しやすくなります。

 

「短期目標」を繰り返し言う

Step by step

人はみな、器用そうで不器用です。

いきなりでかい山を越えられませんから、初めは小さな目標を立て、それをこなしていくことが大事です。

 

成果をあげるためには、たった2割を集中すればよい?すべてを頑張ってしまうあなたに読んでほしい1冊でも話していますが、成功する秘訣の一つとして、やるべきことをチャンクダウンし、小さな一歩から着手する、というものがあります。

 

チャンクダウンとは、細分化させるということ。

ここでいう、短期目標と言い換えることができます。

 

この短期目標が具体的であればあるほど、インパクトがあり、何度も繰り返し言うことで、その目標を強く意識でき、モチベーションが上がります

 

この1問を解いてみる

15分だけ集中する

 

どんなことでも構いません。

短期目標を明確に定めてあげて、繰り返し、取り組めるように、指導してあげましょう。

 

ちょっとでも結果が出たら、すぐに褒める

Praise

どんな小さな成果であれ、それを発見してあげて、思いっきり褒めてあげる。

 

これも教師に必要なことです。

どんなに反発している生徒でも、「教師に認められたい」という気持ちは、根底にあります。

 

さらに、学習指導で悩んでいる先生へ!脳科学にそった効果的な教科指導、5つのポイントで詳しく話をしていますが

脳は成功体験を味わうと、一種の快感を覚え、再びその感覚を得ようとします。

これは、脳の腹側被蓋野という部分が活性化しているためです。

 

褒められることで、「認められた」「出来た!」という喜びや、一種の快感を覚え、再びその感覚を得ようとして、自ら行動し始める。

 

自ら行動し始めるというのは

モチベーションをあげるため、維持させるためには、必要不可欠ですね。

どんな、しょうもないことだとしても、何か全うしたのであれば思いっきり褒めてあげましょう。

 

「長期目標」を意識させる

ゴール

ここまでこれば、ずいぶんとモチベーションはありますから、最後は、それを長く維持させることに、重きを置きます。

 

長期目標を強く意識することで、「やりぬく力」が生まれ、そのつらさを乗り越えることができます。

 

長期目標はなんでもいいですが、「お金を得る。」とかよりも、できれば

「自分の存在を喜んでもらうこと」

これを最終目標として、そのための「長期目標」を意識させたいところです。

 

お金は欲しいです(かなり切実に…)。

 

しかし、突き詰めていくと、幸福感や満足感というのは

他人に、自分の存在を認めてもらうこと、喜んでもらえること

だと思います。

 

信頼と言ってもいいですね。

 

 

この信頼を勝ち取っていくために、「具体的に、どのような目標をたてればよいか」が大事になってきます。

 

理想は、先に話した「短期目標」を積み重ねて(並べて)いくと、「長期目標」となっている。

これですね。

 

もしくは、ゴール(長期目標)を先に決めてしまってから、短期目標を設定していってもいいかもしれません。

 

なかなか抽象的な表現で難しいですが

「出口保障」

ってところでしょうか。この先に何がまっているのか?何を得たいのか?っていう。

 

学生で人生が終わる人はいません。(…多分。)

 

そのために、長期的な目標(自分が目指したいゴール)を明確に立てさせてやることで、やりぬく意味や、その価値などがぶれずに、取り組めます。

 

まとめ

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つでしたね。

  1. 楽しく学べる環境を作る
  2. 期待させる
  3. 成功を前提に会話する
  4. 短期目標を定める
  5. 褒める
  6. 長期目標を定める

 

このどれが欠けても、バランスが悪くなり、モチベーションを上げること、維持することは難しくなります。

 

最後に、モチベーションの源

  • 楽しい
  • 目標を達成したい
  • 大好きな人に認められたい

の3点です。

 

この3点を刺激してあげられるような指導をしてあげましょう。

 

生徒指導に不安があるかたは是非、参考にしてください。

 

あわせて読みたい記事

生徒との対応、年代別の指導方法

学習指導で悩んでいる先生へ!脳科学にそった効果的な教科指導、5つのポイント

効果的な授業をするための4つテクニック!

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

テクニックカテゴリの最新記事