ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

教師は何者であるべきか?その問いに私は「5者」だ、と答えよう。

教師は何者であるべきか?その問いに私は「5者」だ、と答えよう。
ダーマの神殿
出典 ©SQUARE ENIX

教師に限ったことじゃないですが

「教える」ということは、ただ、「知識や技術を伝えるだけ」では上手くいかないです。

 

なぜか?

 

「信頼感」

 

必要不可欠だからです。

 

生徒との対応、年代別の指導方法で話しましたが、年代ごとに、求められているスタンス、適した指導方法というものは、存在しているので、「年齢」(キャリア、と言ってもいいかも)というファクターが、信頼感に作用することは当然あります。(否が応でも)

 

「年齢」によって、信頼感が増していく

これは、まぎれもない事実です。

 

しかし

若くたって、多くの信頼を集めている教師はたくさんいますし

反対に、年だけ重ねた「ぺらっぺら」の教師もたくさんいる。

これもまた、まぎれもない事実です。

 

違いはなにか?

 

教える立場として、「必要なことはなにか?」をしっかりと把握出来ているか、そうじゃないか。

普通は、キャリアを積んで自然と身についてくる「教師の役割」について、意識的に若いうちから(または普段から)取り入れられているか。

 

これらができているか、どうかです。

 

もう少し、わかりやすく言うと

教師は何者であるべきか?

これを、しっかりと把握していると、信頼感を得やすい、ということです。

 

そのために、教師たる者

五者の役割が必要だ

と私は考えています。

 

教師とは、学者である

学者

100を知ってこそ、1を教えられる。

 

わかりやすさとは、「教える側に、膨大な知識があること」によって、初めて生まれるものです。

 

さらには、自分が「勉強をする姿」を見せることによって、生徒や同僚に波及させる効果も期待できるでしょうね。

 

以前いた学校では、私自身の学力や知識量が追い付かず、授業の無い空きコマのときは、休み時間もなく、ひたすら勉強していました。(実際に生徒が解く問題を、同じように解いていたり。)

 

その姿をみた同僚(私より少し上)の一人は

「○○先生(私)は、いつも勉強しているね。すごいよ。」

といっていました。

 

本当は、そうしないと「授業が成立しなかった」から、なかば必然的にしなくてはいけなかった、というだけなのですが、同僚曰く

「いい刺激になる」

と言うことでした。

 

ポジティブ、ひたむき、な人の周りには、同じ人達が集まります。

 

そういった意味でも、常に

「勉強する姿勢」

というのは、大事になってきます。

 

教師とは、役者である

役者

教師はどうしても

人前に立つ

ことが必要です。

 

人前に立って、人を惹きつけること

 

これすなわち、役者と同じです。

 

見た目でアドバンテージを得る人もいるでしょうが、幸い「芸能人」と違って、教師でいう「役者」は、中身を重視されやすいです。

 

さっき話した「知識量」もそうですが

「役者になるため」には、テクニックも必要です。

 

話す時の抑揚(緩急)、間の取り方、視線の配り方、服装髪型…

などなど、コミュニケーションをとるうえで、有効な手段やテクニックはたくさんあります

 

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ!で話した6つのテクニックなんかも、非常に有効です。

 

「教師」という役を演じる

 

これは、「プライベート」と「仕事」を分ける意味でも、非常に大きな意味をもちます。

 

教師とは、易者である

易者

易者とは、本来「うらない」によって、相談者の人生におけるアドバイスをする人のことです。

 

しかし、私が言いたいのは「生徒をうらなってあげよう!」と言っているのではなく

「生徒の不安」を、「きっぱりと切り捨ててあげる」こと。「取り除いて」あげること。

この意味で、「易者」という表現を使っています。

 

ウソはよくありませんが、たとえば

「合格率が5割」

で、不安がっているような生徒が、相談に来たとき

「大丈夫、君は絶対にうまくいく」

と、背中を押してあげるようなサポートをするべき、ということです。

 

悩む時間は、もったいないですからね。

 

教師は、芸者である

芸者

 

「歌って、踊れってか?」

 

そうじゃ、ありません。

場を楽しくしてあげること、という意味です。

 

「役者」と近いところがありますが

役者は先生が、芸者は生徒が主役です。

 

授業の中で、「笑い」や「わくわく感」があると、五感に訴えかけることができます

 

「学習指導で悩んでいる先生へ!脳科学にそった効果的な教科指導、5つのポイント」の五感を使うことで海馬が刺激されるで話していますが

五感を使うことで、海馬が刺激され、記憶に残りやすくなります。

 

あなたも経験あるんじゃないですか?

 

先生の授業を振り返ってみて、その先生の話の中で、覚えている(印象に残っている)のは

(無駄話、雑談も含めて)楽しかった話題や内容

だ、ってこと。

 

教師は、医者である

医者

相手の性格に応じて、それぞれにあった処方箋、アドバイスを示すこと。

 

こればかりは、キャリアが大いに関係してきます。

自身が歩んできた経験も、モノをいいます。

 

適当に「わかったつもり」で答えるのが、一番の信頼を失う行為になるからです。

「生兵法」といってもいいかもしれませんね。

生兵法とは中途半端な知識や技術に頼ると、かえって大失敗をするということのたとえ

 

生徒が質問をしてくる内容を聞きながら

  • 「理屈を追及するのか、考えるのが苦手なのか」
  • 「楽観的か、悲観的か」

など、相手の特性を読んで、的確なアドバイスをしてあげなくてはなりません

 

逆に、これができれば、一気に信頼を勝ち取ることができます。

 

教師は、保護者である

保護者

同じく、キャリアが必要なことで、医者に代わるもの(または同等な位置づけ)としては

保護者

という視点も、大事になってきます。

 

保護者まで入れちゃうと、「六者」になってしまいますけどね(笑)

 

親となった今、よくわかりますが

「子どもの育て方は、これでよいのか?」

という不安は常に付きまといます。

 

親目線に立ってあげることで、親の理解(または協力)が得られる。

 

親の理解が得られることで、生徒は納得する。

理解の上に、納得は存在しています。

 

 

もしくは、ネグレクトのように、親が生徒の成長に対して「無関心」なことも多くなってきています

 

「この親にして、この子あり」

教育の現場では、たびたび直面しますよね?

 

そういう場合には、あなたが、(物理的な意味ではなく)保護者になり

生徒のよき理解者

でいてあげる、ということも重要になってきます。

 

医者のように、本質を見抜き、的確迅速に処方することが難しいようなら、保護者という視点からアプローチをかけてみるのも、一つの手です。

 

まとめ

上手く教える、というのはただ単に、知識や技術を伝えるだけではだめです

 

そこに信頼があってはじめて成立し、その信頼感が増すことによって、「上手く教える」ことができるようになります。

  • 学者
  • 役者
  • 易者
  • 芸者
  • 医者(保護者)

ぜひ、「思うようにいかない」と悩んでいる人は、この五者(または六者)を意識してみてください。

 

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

テクニックカテゴリの最新記事