ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

消えた「MONO消しゴム」によって、「教師に大切なこと」を思い出した

消えた「MONO消しゴム」によって、「教師に大切なこと」を思い出した

消しゴム

学生のころから、いつも身近にあった、「MONO消しゴム」

 

実は、このMONOの消しゴム。

今年の夏、あることでちょっとした話題になっていたこと

あなたは、ご存知でしたか?

 

受験生の悩みに対応した、MONO消しゴム?!

おそらく

誰しもが、一度は見たことがある

MONOの消しゴム。

 

見たらわかる、いつものやつやん。

って感じですね。

 

そんなMONO消しゴムですが、この夏から

パッケージに記載されていた文字が消えたVer.が、販売されているのです。

「…うん、普通にオシャレ。」

 

はじめ見たときには

「あぁ、そういえば”色の商標”が、認められるようになったたんだっけ?」

程度に考えていました。

 

セブンイレブンとか、AEONとかと同じように。

 

しかし、文字の無い消しゴムを販売するに至った経緯は、別のところにあったようです。

 

センター試験を意識して、作られた消しゴム?

青・白・黒3色の「モノストライプ」のデザインと「MONO」のロゴで知られるモノ消しゴム。販売元のトンボ鉛筆(東京都北区)は、2017年8月18日から「MONO」のロゴが書かれていないモノ消しゴムを、全国の文房具店や文具コーナーで発売する。

引用 文字のない文房具を作って! 受験生の悩み、メーカー動かすーJCASTニュース

 

この記事によれば

センター試験の規定について、心配に思う受験生たちが、MONO消しゴムの販売会社「株式会社トンボ鉛筆」に問い合わせを行った

これが、きっかけのようです。

 

受験生やその保護者から、センター試験受験案内に鉛筆や衣服について規定があるため、「消しゴムも、文字が書いてあると良くないのでは?」という心配の声があった。

引用 文字のない文房具を作って! 受験生の悩み、メーカー動かすーJCASTニュース

 

考え過ぎじゃない?は、教師は思っちゃダメ

「消しゴムも、文字が書いてあると良くないのでは?」という心配の声があった。

ここだけ切り取ると、つい

  • 「考え過ぎだな。」
  • 「むしろ、消しゴムを”使わないで済むような”努力をしなさいよ。」

とツッコミたくなるんですが

 

受験生は、こんなところまで心配になってしまうほど

  • 神経質になっている
  • 不安が勝っている
  • ささいなことで失敗したくない、て思っている

このことに、気づいてあげないとダメです。

 

生徒との対応、年代別の指導方法で書いていますが

20代であれば、共感するのに、さほど苦労はないですが

30代、40代ともなると、ついつい

「そんなことよりも、ほかのことを努力せーよ」

って思っちゃいますよね?

 

でも

「入試にまつわる、心配事」

をはじめ、教師の私たちからすると

 

毎年やってくるイベントについては、感覚がマヒしてしまいます。

 

日々、効率を求めるあまり

こっちは「当たり前だ」と思っていることでも、目の前の生徒たちは、「はじめて」遭遇するから「わからない」。

こんな当然のことを、忘れてしまいがちです。

 

ささいな、消しゴムのパッケージ一つで

「こんなコトも、気になるのか。」

ということを、知っているだけで

 

その人に合った(生徒に合った)「効果的なアドバイス」を行うために必要な、自身の引き出しが一つ増える

 

ことになります。

 

医者と同じで、教師は「目の前の人が安心するような、アドバイスが出来るかどうか」も大事ですからね。

 

あわせて読みたい記事

教師は何者であるべきか?その問いに私は「5者」だ、と答えよう。

 

最後に

パッケージから、「MONO」の字を消した消しゴムを販売しよう、と思ったきっかけは

ひょっとすると

MONO消しゴムが「色彩による商標登録」された

ってことが、大きいかもしれません。(2017年4月1日)

 

しかし、受験生の(不安の)声は事実として、存在する。

 

ついつい私たちが、当たり前だと思ってしまうコトが

世間からすると、「ズレてしまっている」こともあるかも知れませんし、何より

「生徒の不安を取り除く」

という役割も、教師は担っています。

 

自分が「しょーもない」と思っていることは、生徒にとっては、とても重要なこと

って、再認識させられました。

 

この認識って、発信者側になりがちな「教師」という職業の人間からすると

  • 生徒のために
  • 自分のために

非常に大事ですよね。

 

あわせて読みたい記事

教師は何者であるべきか?

生徒との対応、年代別の指導方法

教師が民間とズレているな、と感じる話

生徒に放った言葉一つで校長から呼び出し!

 

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

ニュースやコラムカテゴリの最新記事