気になる?!教師のお金事情はこちら

教師を辞めたいと考えているあなたに、読んでほしい内容をまとめました。

教師を辞めたいと考えているあなたに、読んでほしい内容をまとめました。

 

教師を辞めたいと思っている人に読んでほしい内容

安定な職業と言われる教師といえど

  • 日々のストレス
  • やりがいの欠如、またはやりがい搾取
  • 家庭・自分を犠牲にしなくては成り立たないような、働き方
  • ステップアップできない
  • 公務員体質(変化を嫌う、右にならえ精神)

など、さまざまな原因から教師として働くことにウンザリして、辞めたい、転職したい・・・。

って、考えることでしょう。

 

本日はそんなあなたに向けて、読んでほしい内容をまとめました。

男性シルエット

もうつらいよ、今すぐ辞めたいよ。

というあなた。

とりあえず大手転職エージェントに「登録だけ」しておくことをオススメします。

>>リクルートエージェント転職支援サービス

プロフィール写真
実際私は転職サイトに登録するだけで、気持ちがいくらかマシになりました。

▽今すぐ辞める前に▽

 

プロフィール写真
もしあなたが20代ならオススメしたいサイトはこちらです。

>>20代専門転職サイト ウズキャリ

 

20代の転職者に特化した転職サイトです。

独自のネットワークを駆使して、徹底的にブラック企業を排除したという基準をクリアした企業のみの案件を取り扱っています。

 

▽まずは確認▽

 

いずれにせよ。

これを読んでもなお、教師を辞めて転職を考えたいと思うあなたには、記事の最後に情報も載せてありますので参考にしてみてください。

ちなみにあなたが常勤講師なら、コチラの記事もオススメです。

>>今年も常勤講師を続けようか、悩んでいる先生へ。メリット・デメリットをまとめました。[wp-svg-icons icon=”exit” wrap=”i”]

 

Advertisement

教師を辞めるのは、もったいない?

校種によって違いはありますが、採用試験を受けて合格し、教諭になったのであれば

およそ4倍から10倍の倍率を、勝ち残ってきた

ことになります。

プロフィール写真
私は関西県の高校理科でしたが、1次試験3倍、2次試験4倍の12倍の倍率でした。

 

私の自慢でもなんでもなく、おそらくあなたもそうだと思います。

この採用試験の倍率。あらためて振り返ってみると

女性シルエット

よく勝ち残ったものだ…

 

と思います。社会科や体育科なら、さらに倍でしょう。

 

高い倍率を、勝ち抜いてきた

成功体験といえるような、この経験が

  • 教師を辞められない
  • 転職に踏み切れない

最大の理由じゃありませんか?

男性シルエット

せっかく受かったのに、辞めるなんてもったいない…

って。

 

だからこそ

  • 辞めるべきか?
  • 転職するべきか?
  • 安定を捨てるべきか?
  • このまま、踏みとどまるべきか?

と悩んでしまいます。

プロフィール写真
最悪の場合「死にたい」と思ってしまう人すら、いるかもしれません。

 

教師を辞めるのは「もったいない!」って声が、増していきそうな世の中

2010年代前半から

  • 教諭の年齢構成の若返り
  • 団塊の世代の大量退職

これらによって新規採用人数の拡大が、全国的に広がりました。

 

しかし、2010年代後半に入ると、採用枠拡大も落ち着き、2017年現在ではピーク時の1割~2割ほど減ってきます。

そしてこの減少傾向は、この先も続くと考えられます。

生徒数が減少する(少子高齢化)ため、学校の統廃合が再びやってくるから

ですね。

 

教師過多の時代に、ふたたび突入。

このことは、簡単に予想できますよね。

 

これから若い世代は、ますます教師になりにくく

男性シルエット
世間

公務員は首切りもなくて、給料も右肩上がり。安定な職業でいいじゃない。

 

というイメージも相まって

教師は、なりたくてもなれない職業のひとつ

こうなっていくことは、必至です。

 

これも教師を辞めたいのに、やめられないと思ってしまう要因になります。

プロフィール写真
なりたくても教師になれない人がいる、そんな中で辞めるなんてもったいない…。って考えてしまいます。

 

教師の離職率の低さがが、もったいないを後押ししてくる

教師の離職率は、非常に低いです。

 

例えば「平成26年度公立学校教職員の人事行政状況調査について」などを参考に、全職員数と離職した人の人数を調べてみたら

全職員に対する離職率は、5%を切りました。

教師の退職者割合
平成26年総務省等のデータより算出・作成

さらに、退職者の内訳をグラフ化してみると約6割近い人が「定年退職」です。

退職割合
「平成26年度公立学校教職員の人事行政状況調査について(総務省)」を基に作成

 

教師のほとんどは、そう簡単に辞めない。

辞めるなら、定年退職で。

 

この

離職率の低さ

というのも

男性シルエット

教師を辞めるなんてもったいない…

と感じてしまう部分に直結します。

 

ちなみに大卒の人が離職する割合は、約30%前後といわれています。
(※採用3年以内に辞める割合)

新入社員が3割が辞めていく環境で働いている教育現場を知らない人(世間)達からすれば

男性シルエット
世間

教師を辞める人はほとんどいないのに、なんで辞めちゃうの?

 

って、言っちゃうんでしょう。

または

男性シルエット

教師なんて営業や売り上げ気にしなくてイイし、楽な仕事だろ?

男性シルエット

それすらも続かないようじゃ、どこに行っても通用しないぞ。

男性シルエット

先生辞めたいなら辞めれば?そんなこと考えている先生に子ども見て欲しくない。

なーんて、言う人たちだっています。

プロフィール写真
真理をついている部分は、あるかもしれません。教師は、民間とズレている部分がありますからね。

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話[wp-svg-icons icon=”exit” wrap=”i”]

 

しかしなんで、こんな風に言われちゃうのか?

私は

教師の現場は良好な職場である、という「思い込み」が存在している

だからだと思います。

 

離職率が低いからといって、いい職場とは限らない

昨今

離職率を下げる。

ということを企業の努力目標の一つにしているところが、多いです。

プロフィール写真
慢性的な人手不足の影響もあります。

高卒求人をお考えの人事の方必見!高校教師経験者がハローワークでは決して教えてくれないこと語る[wp-svg-icons icon=”exit” wrap=”i”]

そのために

男性シルエット

職場環境を、改善しよう!

と思い、そのためには

男性シルエット

福利厚生や働き方の待遇を改善すれば、離職率は減るハズだ!

と考えます。

 

もちろん、その通りだし、このような取り組みは、歓迎されるべき内容です。

しかし、必ずしも

職場環境が良好=離職率が低い、とはなりません。

 

離職率ばかりに気を取られてしまうと

女性シルエット

みんな辞めない「働きやすい職場」なのに、なんで辞めちゃうの?

 

現場をよく知らない人は無責任に「知った風なこと」を言って、私たちを傷つけてきます。

プロフィール写真
本人に悪気が無い場合もあるとは思います。
特に、(行き過ぎた心配をしてしまう)身内が、このような発言をしやすいと感じています。

 

そして

  • 傷つきたくない・傷つけたくないから、辞めるのを我慢する。
  • 「もったいないことなんだ」と、自分にいい聞かせる。
  • あと3年、いやあと1年は頑張ってみる。

このように、初めは我慢して働き続けていきますが

  • 日々の業務
  • ストレス

これらがつもり積もったあげく、ふとしたことが「トリガー」となり

女性シルエット

教師を、辞めたい・・・。やっぱりしんどい。

って気持ちが爆発してしまう。

 

この「トリガー」、すなわち「辞めたい気持ちが爆発するきっかけ」は、人によって様々です。

 

辞めたい理由が次の場合、ちょっと待った方がいい

懲戒免職でさようなら

「教師を辞めたい、転職したい。」と思う理由は、いくつもあると思います。

プロフィール写真

懲戒免職で辞めさせられる可能性もあるかもしれませんね。

>>「懲戒処分」きちんと理解していますか?

 

しかし、次のような理由の場合辞めるのをちょっとだけ考え直したほうが良いです。

 

ネガティブな選択によるもの

仕事上のストレス(またはそれによる身体的理由)があるから、辞めたいと考えている人へ。

 

この理由はどちらかというと

ネガティブな要素

によるものなので、一旦、考え直してください。

 

これは、多くの生徒を見て感じたことですが

ネガティブな選択によって得られた道は、ネガティブな結果しか生み出さない。

ということが、往々にしてあります。

プロフィール写真
被害者感情からくるのか、(心理学的に)消極的な選択は、消極的な結果しか生まないのかわかりませんけど・・・。

 

いずれにせよしんどいから、そこを離脱するって場合。

この場合、その後いい結果をもたらすことはほとんどありません。

程度は随分と違いますが、部活動を辞めた理由が

男性シルエット
生徒

しんどかったから。

 

という生徒はその先、うまくいかないことが多いってのと、本質的には一緒です。

 

身体的支障が出てきたとしても、結論を急がない

プロフィール写真
ネガティブな理由で「辞める・辞めない」の判断はしないで。

と言ったものの、中には

男性シルエット

うつ病を患いました。

女性シルエット

身体の調子が悪くなりました。

などなど、あなたの身体に「不調」が出てきていることもあると思います。

プロフィール写真
先ほど離職率で紹介した「平成26年度公立学校教職員の人事行政状況調査」によれば、毎年5,000人の教職員が精神疾患で療養しているようです。

 

病気を患ってまで、働いていたくない。

もちろん正しいです。

それでも、一旦は踏みとどまってください。

やっぱり「ネガティブな理由」になっちゃいます。

プロフィール写真
誤解しないでください。
あなたが甘えているだとか、もっと頑張れとか、そんな事を言いたいわけじゃありません。

 

だって、現にあなたは「身体に不調が出てしまう」ほど、頑張っているじゃないですか。

そんなあなたを、だれが責められますか?

 

なぜ踏みとどまれ、と言うか?

それは、身体的理由ならそれをカバーする制度(福利厚生)が、教師にはあるからです

 

長期になったとしても、同僚から冷たい目を向けられたとしても

  • 長期療養
  • 特別休暇
  • 職免

など

籍を残したまま休むことが、教師(公務員)にはできます。

これを存分に利用してやればいいのです。

 

あなたの人生は、あなたのものです。

学校のものでも、他の教師のものでもありません。

ましてや、生徒や保護者のものでもありません。

きっと、真面目な人(思い悩む人)ほど

女性シルエット

周りに迷惑がかかるから

男性シルエット

嫌味を言われるくらいなら、いっそのことやめたほうが…。

そう考えるでしょう。

 

そう思う気持ちも痛いほどわかりますが、少しばかりの図太さをもっても、誰も何も言いません。

プロフィール写真
むしろ、そういう無神経な人に出会ったこともあります。

「あえて言おう、カスであると!」私が出会った同僚の教師[wp-svg-icons icon=”exit” wrap=”i”] 

 

いいですか?

あなたは、高校、大学、採用試験等それなりの倍率を勝ち抜いてきた来た、いわば「勝ち組」です。

プロフィール写真
勝ち負けで判断するのもどうかと思いますが。
要は「頑張ってきて、なおかつ結果を残している」ってことが言いたいのです。

 

いろいろ捨ててきたものも、あるでしょう。

あきらめたことも、あるでしょう。

 

そんな、頑張ってきたあなたの「ワガママ」を、教師の現場では、口に出したらダメなんですか?

そんなことは、ありません。

ワガママ言って、いいんです。

プロフィール写真
も、もちろん程度に因るでしょうけど(笑)

少しくらい、図太くなりましょうよ。

女性シルエット

いや、でも「周り」や「生徒・保護者」から何言われるかわかんないし・・・。

 

自分に対して「嫌味」を言ってくる奴は

プロフィール写真
所詮、その程度のやつなんだ!

って、心の中で嘲笑ってやりましょう

 

教師には「鈍感力」も必要です。

効果的な教育的指導には、「愛」「保護者の理解」「生徒の納得」が必要不可欠。

 

辞めるまえに、病気療養など特別休暇を取得して1~2年ゆっくりと時間をとることで

  • 体調を戻す
  • 再びヤル気を取り戻す
  • 次のステップにむけて、準備する

こんなことだってできますし新しい赴任先を用意してもらうことだって、できます。

女性シルエット

新しい職場で、また同じような環境になるかもしれない・・・。

と、不安になるかもしれませんね。

 

しかしそれは

まだ見ぬ、未来

ですよ。

 

過去と現在によって蓄積されたストレスで、すでにいっぱいいっぱいのハズのあなたが未来の不安やストレスまで「先取り」することは、辞めましょう。

 

辞めるのはいつだってできます。

結論を急ぐ前に、ずうずうしく生きる道も考えてください。

そしてぜひ、鈍感力も身に着けてください。

プロフィール写真
教師という仕事は、それが許されています。

>>教師に求められていることってホント多すぎ!

 

ここまで話を進めてくると

男性シルエット

じゃぁ、「教師を辞める」ことを「止めろ」ってことか?

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

一度きりの人生、やりたいことをやって「満足して」死んでいく。

これが何よりも大事なことです。

プロフィール写真
仕事をするために生まれたんじゃありません。生きていくために、仕事をするんです。

>>定時に帰ることで勝ちとった、幸せと変化。

 

こんな当たり前のことが、教師の仕事をしていると、いつしか忘れられてしまいます。

あわせて読みたい

県職員の自殺から考えさせられること。幸せと残業とタイムカード[wp-svg-icons icon=”exit” wrap=”i”]

 

プロフィール写真
教師の働き方に悩んでいるなら、こちらの記事も役に立つはずです。

>>働き方に悩む「先生」へ、1度は読んでもらいたいおススメの一冊!

 

教師を辞めると失うものは、お金と安定性

教師を辞めたい。

そう思ってもなかなか踏み切れないのは、失うものの大きさがあまりにもデカイからと感じるからです。

プロフィール写真
私もそうでした。

そのなかでも特に給与面や収入面など「お金や安定な職業」これについて、深く悩みますよね。

これについては別記事にまとめておきましたので、ご覧ください。

あわせて読みたい記事

>>教師を辞めて失うもの、真っ先に思いつくのはお金。次に安定性。

 

私の場合は、転職サービスに登録しておくだけで随分と気がまぎれました。

プロフィール写真
教師なんかいつでも辞めてやる! ってね。

実際に利用したサイトや、おススメの転職サービスについてもまとめていますので、あなたも無料登録だけしてみてください。

あなたの思っている以上に、あなたを必要としている企業は多いですよ。

>>【教師向け】転職サービス「ミイダス」を利用してみた感想

>>【タイプ別】転職サポート会社を徹底比較!あなたにあったおススメ紹介。教師からの転職を後悔したくない人必見!!

 

大手に「登録だけ」しておいて、心のよりどころを作ってみてはいかがでしょうか。

>>リクルートエージェント転職支援サービス

プロフィール写真
私は転職サイトに登録するだけで、気持ちがいくらかマシになりました。

▽今すぐ確認▽

 

プロフィール写真
もしあなたが20代ならオススメしたいサイトはこちら

>>20代専門転職サイト ウズキャリ

 

20代の転職者に特化した転職サイトです。

独自のネットワークを駆使して、徹底的にブラック企業を排除したという基準をクリアした企業のみの案件を取り扱っています。

 

▽まずは確認▽

 

教師を辞めたい、と悩んでいる人へまとめ

教師を辞めたいと思っている人に読んでほしい内容

以上を読んで、あなたの考えに変わりはありましたか?

教師を辞めるうえで大切なポイントを復習しておきます。

 

今の置かれている立場の確認

  • あなたはそれなりの倍率を突破して大学に入学し、お金をかけて卒業し、高倍率の試験を突破して教師になったこと
  • これからますます、なりたくてもなれない人が増えてくる教師という仕事であること
  • 少なくとも民間の平均年収は稼いでいるということ
  • この先、平均年収は700万円になる可能性があること

 

辞めたい動機の確認

  • 逃げ出したいというネガティブな選択ではないですか?
  • ずるいほどに楽をして教師を続ける方法はいくらでもありますが、それは利用したくないですか?
  • お金だけでは片づけられない「辞めたい理由」が明確にある。
  • 年収が下がっても、待遇が改悪しても手に入れたい、譲れないものが明確にある。

 

これらを確認してもやはり「転職をしたい!教師を辞めたい!」という方は、転職してもうまくいくと思います。

 

転職に役立ちそうな記事も用意していますので、よろしければ参考にしてください。

転職に役立つ記事

 

女性シルエット

教師を辞めるんじゃなくて、心にゆとりがほしい・・・。

と感じているあなたには

労働環境を変えるか、収入面を増やすしかない。

と思うので、参考となりそうな記事を紹介しておきます。

労働環境や、収入UPにつながる記事

 

常勤講師向けの記事もあります。よろしければご覧下さい。

>>今年も常勤講師を続けようか、悩んでいる先生へ。メリット・デメリットをまとめました。[wp-svg-icons icon=”exit” wrap=”i”]

 

繰り返しになって大変恐縮ですが、私がそうだったので最後にもう一度言わせてください。

男性シルエット

いきなり転職はちょっとな・・・

というあなたなら、大手に「登録だけ」しておいて心のよりどころを作ってみてはいかがでしょうか。

>>リクルートエージェント転職支援サービス

プロフィール写真
私はそれでいくらかマシになりました。

▽今すぐ辞める前に▽

 

失敗談や悩みカテゴリの最新記事