気になる?!教師のお金事情はこちら

効果的な授業をするための4つテクニック!一度の授業ですべて詰め込んでも集中しませんよ?

効果的な授業をするための4つテクニック!一度の授業ですべて詰め込んでも集中しませんよ?

教師の大事な仕事、それはもちろん毎回の授業です。

部活指導でも、分掌業務でもありません。
授業です。

それ故、悩みも多く、色々と試行錯誤もされたり、場合によっては諦めも出てくるかもしれません。

そこで今回は、授業の展開で役立つテクニックを4つお伝えします。

Advertisement

1回の授業で伝えたいポイントは1つか2つに絞る

黒板にたくさんの文字

ブログをやっていると徐々にわかりますが、1記事に、いくつもテーマがあると、ポイントがズレて、結局何が言いたいのかよく分からなくなってしまいます。

授業も同じことが言えます。

人間の集中力なんか、たかが15分から30分しか持ちません。

そんな短い時間の間に、3つも4つも大事な事は覚える事は出来ません

人の集中力は30分、というところを考えると伝えるべき内容のテーマは2つが限界です。

2つの単語を覚えてもらうということではありません。

1授業で2つのテーマが限界です。

という意味です。

 

カリキュラム、年間指導計画、テスト範囲など、授業の進み具合にもしがらみもあるでしょう。

しかし、それらがありきで授業をしてしまっては本末転倒です。

 

なんのために授業をしているのか分からなくなりますし、聞いてる方も

知識欲を満たすのではなく、詰め込む作業をしている

だけになります。
誰も得しません。

まぁ

受験に役立つ
テストで良い点が取れる

という点のみメリットはあるかもしれませんが、そんなものが社会に出て活かされる機会はまずありません

 

とはいえ

受験に必要だから勉強する
テストに必要だから勉強する

という実情もありますので、あくまでバランスが大事ではあるのですが・・・

 

授業のコンセプトとしては

今日の授業はこれさえ(又はこれとこれだけ)覚えて!

といったスタンスで授業を行うよう心がけてください。

 

繰り返しになりますが、人間の集中力などせいぜい30分。

テーマがあちらこちらに散ると、効果的に記憶していくこともままなりません。

それをカバーするための板書であり、定期テストとも言えるのかもしれませんが、本来勉強って、動物界で唯一人間にだけ許された

知識欲を満たす作業

だと思うんです。

 

雑学にしろ小ネタにしろ

「へぇー」

といって独特の満足感を得られるのは人間だけです。

 

授業もこれを念頭に置くと、驚くほどスムーズに授業展開が出来ますし、聞いている生徒たちもポイントが明確に、シャープになるので、聴きやすい内容になります。

 

授業展開の準備としては

メインテーマ(柱)に、必要な付加情報(知識)を肉付けしていき、50分なら50分の授業を組み立てる

という方法です。

 

慣れないうちは、紙に書きだしていもいいかもしれません。

 

そうすると、自分自身も、話しが整理しやすくなりますし、展開に強弱もつくので、授業にメリハリが付きます。

ぜひ試してみてください。

 

黒板は授業が終わった後で見返すと、内容が一目瞭然となっている、が理想

黒板の幅には限界があり、書いては消して、消しては書いてを繰り返し返すことも多いと思います。

黒板の大きさにもよりますが、50分という授業であれば

往復2回が限界だと私は思います。

それ以上では、授業は単に写経の域に達し、教師の存在は必要ありません

 

個人的には

1回の授業で黒板に書く文字量は端から端までの一回分

で収まるようにしていました。

 

文字の大きさにもよるでしょうし、教科科目によっては

「そんなの絶対無理」

といわれてしまうかもしれませんが、無理なことだと決めつける前に、私にも出来るか?と試行錯誤してみましょう。

 

黒板はいわばポスター兼メモ帳です。

教科書ではありません。

 

教師は、その職業柄ついつい

あれもこれも教えなくては!!

足し算をしたがります
引き算が苦手です。

 

ファッションと一緒で、足し算ばかりではごちゃごちゃしてまとまりがないばかりか、結果として残るのは

書き写したという満足感だけ

です。

 

教えてる教科内容の魅力も知識も、一切伝わりません

 

なかなか生徒が理解してくれないと悩んでいる方は、板書のレイアウトを考え直しましょう

 

使う色は3色以内(色覚にも注意)

板書に関係する事柄がもう一つ。

チョークまたはマーカーで使う色は3色までにしましょう。

 

基本黒板であれば白チョークがメインだと思いますので、そのほかに

あと2色

ということになります。

 

記事なんかもそうですが、ごちゃごちゃカラフルに描かれた文字やイラストは見ていて疲れます。

さらにいえば、生徒は賢いので、そういった

ゴテゴテ感

が好きな子は自分で勝手に装飾しています

 

光の三原色、色の三原色

といったように、基本人間は3色をベースにものを見ます

 

その3色の組み合わせで様々な光が色を認識するわけですが、4色以上だと

色調の判断
色の強弱の判断

に重きが置かれるようになっていき、授業のポイントが散ります

 

無難は

白、赤、黄

の3色だと思いますが、黒板ですと

深い緑赤文字

というのになり、非常に見にくいですので、出来れば蛍光色のチョーク(オレンジがオススメ)を使うと良いでしょう。

こんな感じだと読むのにもつかれちゃいます。

 

生徒の中には、色覚異常の生徒もいると思います。

しかも、この色覚。

本人がそれほど自覚していなくても、実は見えていなかった

という事態もありますので、そういった意味でも、

緑の上に赤

という文字は避けたほうが無難といえます。

 

私は、黒板自体でという一色を使っていると判断して、基本2色で授業を行なっていました

 

可愛らしさは微塵もありません。

しかし、授業の板書に可愛らしさは不必要だと思います。

 

先ほど

黒板はポスターだ

とも言いましたので、その観点からいうと目立つ配色が大事では?と誤解する人もいるかもしれませんが、黒板はメモ帳よ代わりとも言っていますので、その点だけは誤解なきようお願いしたいところです。

 

教科書を覚えるではなく、教科書で覚える

これは特に理系の科目で大事になってきます。

難しい言葉を難しく説明するのは誰でも出来ます。

 

授業で大事なのは、難しい言葉を

いかにわかりやすく
いかにイメージしやすく
いかにすんなりと

理解してもらうかがポイントになります。

 

そのためには

教科書を教えていては、絶対に理解してもらえません。
教科書を使って、理解してもらうのです。

 

違いはわかりますか?

 

教科書は、単に小道具のひとつということです。

 

具体例を視覚で訴えるのも効果的でしょう。
例え話や、生徒が好きそうな話題(アニメ、芸能、ゲームなど)に置き換えてもいいでしょう。

 

やりかたはいくらでもあります。

 

教科書に書いてあることをそのまま黒板に書く
教科書に書いてあることをそのまま話す

 

といったことが無いように、授業を進めてください。

 

私は物理を教えていたので、よく

アニメの世界と現実世界のギャップについて、物理学の観点から迫っていました。

 

反省としては

  • 脱線しすぎて授業が進まなかったり
  • 物理の本質より、その内容そのものに興味が移り、肝心の物理内容についてはおろそかになってしまったり

してしまうこともありましたが。

無駄な話ができるような、心と時間の余裕をもつこと

これが一番大事かもしれません。

教科指導というと、一番は専門知識があるかどうかです。

 

その分野について

それなりの知識をもっており、問題解決へのプロセスが見いだせる

 

そんな力量は当然求められます。

 

しかし、そればかりを前面に押し出された授業って、振り返ってみてもあまり思い出せないんですよね。

 

もちろん、生徒は問題も解けるようになるし、知識を生かすことも、身に着けることもできてくるのですが、振り返ってみて覚えていることって、その先生の身の上話だったり、ちょっと面白い小ネタだったり、要は

どうでもいい話や無駄話

だったりするんですよね。

 

生徒は

その教科が好きだから、先生(あなた)が好き

となることは、まずほとんどありません。

 

しかし逆に

先生(あなた)が好きだから、その教科が好き

となることは大いにあります。

 

そして、生徒を引き付ける人間的魅力は雑談力にあると思うのです。

 

この人奥が深いな
いろいろな知識を持っていて、偏りが無いな

 

と思わせれば、多くの生徒はあなたを魅力に感じて、教師として好きになってくれます。

 

生徒が何気なく発した一言を拾えるくらいの、心と時間の余裕を持ってください。
その一言を広げられるくらいの豊富な教養も身に着ける努力をしてください。

 

一見、教科指導に役立たなそうな内容でも、生徒を引き付けることができれば、信頼関係が構築され、まわりまわって教科指導がしやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?即授業に活かせないものもあると思いますが

 

1回の授業で話すポイントは2つまでに絞る
黒板は、授業が終わった時に何を教えていたか、ぱっと見でわかるようにする
教科書を覚えるのではなく、教科書を使って覚える
無駄話ができる心と時間の余裕をもつこと

 

これを意識して、授業をしてみてください。

初心者の頃って、ついつい余裕がなくなってテンパってしまいますが、誰しもが通る道でもあります。

あなただけができていないわけじゃないので、そこは安心してくださいね。

 

 

 

テクニックカテゴリの最新記事