ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

生徒に放った言葉一つで校長から呼び出し!教師としての発言は自身が思っているよりも重みがあるようだ

生徒に放った言葉一つで校長から呼び出し!教師としての発言は自身が思っているよりも重みがあるようだ

教師の発言は、受け手が評価している

教師のなり立ての頃って、失敗だらけですよね。

若さでカバーできる部分が多いですが、振り返ってみると

「甘かったな」

と反省することも多くあります。

まぁだからこそ、成長していけるのかもしれませんが。

 

本日は、私が経験した(失敗した)話をしたいと思います。

テーマは、軽はずみな発言です。

授業中の雑談から、校長に指導を受ける事態にまで発展

まだ私が高校教師として働く前のことです。

私は中学校の免許は持っていませんでしたが、講師登録をしていた自治体から中学校の理科教師のお話がありました。

 

教師に変な人が多いのは、講師じゃね?ってはなし

いきなり話がそれます。

学校の先生ってよく言えば個性豊かですよね。悪く言えば変人が多い。

 

教師という職業は不思議なもので、いづれかの校種の免許を持っていたら、ほかの免許もお金を支払えば、期間限定でもらえるようになります。

臨時免許ですね。いわゆる「リンメン」です。

 

現場で働いている人なら、知っているとと思います。

所詮、学校の教師なんて金で解決できちゃうんです(笑)

 

教育大に入れば、比較的苦労もせずに卒業時には教員免許がもらえ、専門以外の免許だってお金を支払えれば(3,000円前後だったと思う)で解決できちゃうわけです。

さらに、教員採用試験を受けなくても講師登録をしていれば、各自治体の教育委員会の目に留まりさえすれば、簡単に面談だけして、採用となって、期間限定とはいえ正式に教師として勤務できちゃう。

 

こりゃ、変な人が多いのもうなずけます。

 

「あえて言おう、カスであると!」私が出会った同僚の教師で話していますが、あなたの周りにもいませんか?

  • 机をガンガン叩いている先生や、変な趣味、こだわりを持った先生。
  • 何を考えているのかいまいちわからない先生や、変なところでスイッチが入ってしまう先生。

かなりの偏見で申し上げると、そういった方々は講師であることが多いように思います。

 

先日も講師が逮捕されているようですし。

 教え子の女児にわいせつな行為をしたとして、京都府警が強制わいせつの疑いで、府南部にある、公立小学校の男性講師を逮捕していたことが28日、分かった。府教育委員会は、前任校を含め10人前後の教え子に同様の行為を繰り返していた疑いがあるとみて調査を進めている。
府教委は、5月30日付で講師を懲戒免職処分にした。府警や府教委は、被害児童の保護者が公表を望んでいないとして、事件を明らかにしていない。
教育関係者や学校だよりなどによると、この講師は府内出身。大学を卒業したあと、講師として府南部の小学校に勤務。2015年4月に事件当時の小学校に異動し、逮捕されるまで学級担任をしていた、という。教育関係者の説明では、講師は府教委の調査に対して、校内で女児の体を触ったことなどを認めている。女児の1人が保護者に訴えて発覚したという。(2017.6.29 京都新聞)

 

まぁ、それ以上に教諭(採用試験を受けてなった人)の方が、事件いっぱい起こしてたりするし、講師だからってことはないでしょうけど、少なくとも

講師になるためのハードルは低い

のは事実ですよね。

 

話が大きくそれましたので、戻しますね。

 

きっかけは、授業中の雑談だった

私もリンメンで、中学校で半年間勤務していたことがあります。

 

教科は理科で、自分でいうのもなんですが、人気があったように思います。

大学を出たばかりの、若い先生は私しかいなく、生徒たちからすれば「お兄さん」的な存在だったのでしょう。

 

そんな「お兄さん」の扱いを受けていた私には、割とフランクに、いろいろなことを話してくれます。

 

ある日の授業中、A君の家の話になりました。

 

私は、生徒の発言等は仮に授業に即していなくても極力拾ってあげたいという考えがありましたので、授業中ではありましたが、そのA君の話を聞いてみることにしました。

というのも、A君は少しコミュニケーションをとるのが苦手な子で、いじめられている様子などはなかったのですが、口数は多くなく、クラス内でA君の話題になることが少なかったので、単純に興味があっただけなのかもしれません。

まぁ、案外こういう雑談の中に、いろいろな問題や、人間関係(上下関係)、その他さまざまな情報が隠れていたりするものですしね。

 

 

B君「先生、知ってる?A君の家にはゲーム機が何台もあるんだよ。」

私「おー、そうなのか。」

C君「○○でしょ、○○でしょ(ハード機をいくつか挙げている)」

私「そんなに持ってたら、ソフトを集めるのもすごそうだな」

B君「ソフトもめっちゃあんねん」

私「そうなんか、A君はお金持ちだなぁ」

 

はい、完全に私は、地雷を踏んでいます。

 

この日のA君は、特に嫌な顔をすることなく、どちらかといえば(主観ですが)

少しはにかんだ

ような、誇らしい表情だったように思います。

 

しかし、事態はそうではありませんでした。

 

翌日、私は校長室へ、呼び出されることになります。

 

こちらの意図としない受け取り方をされたとしても、すべて正しいのは聞き手の方

雑談をした授業の翌朝、職員朝礼前に、校長から名指しで呼び出されることになります。

 

校長「ちょっと、今いいか?」

私「はい。」

校長「昨日、○○のクラスの授業中に何があった?」

私「・・・??何があったといいますと?」

校長「実は、保護者から先生対してにクレームがあってね。”お前の家は金持ちだ!と言われたが、なんで先生にそんなことを言われなくてはいけないのか?どうなっているんだ!”と、ね。」

私「あ、確かに。授業中にA君の家にあるゲーム機の話になり、何台もゲーム機を所有しているって話になったので、確かに”お金持ちなんだね。”と発言してしまいましたが、悪気があって発言しているわけでは・・・」

校長「悪気があったかどうかは、どうでもいいんだよ。なぜそんな発言をしたのか、と聞いている。」

私「・・・。」

校長「まぁ、先生のことだからおそらく軽はずみに、”ぽっ”と出てしまったのかもしれないけど、お金持ちと言われて嫌な顔をする親はいる。そのことは知っておきなさい」

私「・・・。はい。」

 

とりあえず、この件は校長で止まったのか、教育委員会までいった話なのかは分かりませんが、少なくとも私にたして、目に見えての処分は、ありませんでした。

 

常識的に考えて、1台でもあったら十分なゲーム機のハードを

何台も所有していれば、裕福に間違いはなさそうだと思いませんか?

 

娯楽に費やせるお金が多いわけですからね。

 

ただ、当時の私にはまだ

教師の発言には、重みがあること

放たれた言葉は、受け手が評価する

といった考えが、全くありませんでした。

 

A君が、どのような語気で、口調で、保護者にその日あった内容を伝えたのかはわかりませんが、少なくとも校長にクレームを言いたくなるくらいな受け取り方になっている訳です。

 

確かに、人から「あなたお金持ちだね」と言われていい気になる人は少ないかもしれませんね。

 

その人自身がその認識(お金を持っているという認識)をしていなかったり

ましてや当時、公務員(じゃないけどね、当時の私は)=高給取りと思われていた時代なので、そんな給料いっぱいもらってそうなやつに、なんでうちがお金持ちって言われなきゃいけないのよ!!

という怒りはごもっともだ、と今はわかります。

 

私の場合は、親が乗り込んできたり、教育委員会からの呼び出しがあったり、懲戒処分(まぁこれぐらいなら戒告程度でしょうけど)があったりしたわけではないですが、昨今の通称モンペの方たちは、こんなことがあればさぞ水を得た魚のように、動き回るのでしょうね。

 

いずれにせよ、この件をきっかけに私は発言に注意するとともに、言葉選びには慎重になるようになりました

 

若い先生には特に注意してもらいたいこと

若い先生には若い先生にしかできないことがあります。

このあたりは、生徒との対応、年代別の指導方法で詳しく話しているので、読んでほしいですね。

 

物理的に生徒と年齢が近い「若い先生」には、生徒は心を開きやすいです。

そういった意味で一種のお悩み相談窓口になることが多いと思います。

 

教師をしていた頃、特に若い先生は、その若さゆえ生徒の懐に入り込みすぎてるな、という印象を持つことが多々ありました。

 

もちろん、良好な師弟関係を築いているものだとは思いますが、教師が思っているよりも生徒はある日突然、何気ない小さなたった一つのほころびで、生徒はもとより保護者や、ひいては校長や教育委員会など、自分の味方だと思っていた人たちが、牙をむくことがあります

 

私の周りであった事例としては、ある20代の熱心に部活の指導していた先生がいまして、生徒もその先生を信頼して指導についてきていました。

しかし、その生徒が怪我をしたことをきっかけに、翌年度異動になった先生がいます。

 

インターハイ出場を決めたほどの先生でしたし、その部活動の執行役員になっていたにも関わらずです。

 

理由は、保護者への対応トラブルと生徒にけがをさせたことです。

これは私が経験したことではないので、詳しい経緯まではわかりませんが、少なくとも教師も生徒も、お互いが信用していたとは思うのですが、その後のやり取り(発言等)で、事態は最悪な方向に向いていったのだと思います。

 

生徒を信用するが信頼してはいけないでも触れていますが

生徒を信頼してもいいが、信用するな

これが私の学んだ教訓です。

 

信頼関係がなければ教育活動は勧められないので、生徒を信頼するのは当たり前だし、必要なことです

しかし、信用はしないでください

裏切られて傷つくのは先生のほうかもしれません。

 

言葉一つ間違えたくらいで大袈裟だな、と思うかもしれませんが、慎重になって悪いことはないと思うし、下手に悩みが増えるよりも、ある意味ドライになって、教師として一線を引き、言葉を選んで、接している方がいいことだってあります。

 

教師だって人間です。

しかし、教師の発言というのは、時としてこちらの思惑と大きくかけ離れた受け取られ方をすることがあります

 

そういうことがあるのだ、と知っておいて損はないので、ぜひ頭の片隅にでもおいておいてください。

 

最後に、なんだか冷たい言い方をしたかもしれませんが、ドライだろうと、一線を引いていようと、懐に入り込みすぎないであろうと

熱量をもって生徒に接する

ということだけは、辞めないでくださいね。

 

信頼に関わってくる部分ですが、お互いに信頼できるようになるためには、熱量が必要不可欠なので。

 

散文になってしまい、いまいち伝わっているかわかりませんが

教師の発言は、思わぬところで足をすくわれるので、言葉選びには気を付けて、生徒を信用しすぎない

このことは覚えておいてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい記事

生徒や保護者との関係をうまく築きたい方必見!誰も教えてくれない7つのテクニック

生徒との対応、年代別の指導方法

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

失敗談や悩みカテゴリの最新記事