ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

特に初心者が侵しがちなミスを2つ紹介!これは本当に気を付けて!

特に初心者が侵しがちなミスを2つ紹介!これは本当に気を付けて!

授業

 

本日は主に

教師になりたての方に向けて、誰も教えてくれないけど、ミスをしたら大変な事態に発展する!!

というようなお話ししようと思います。

 

教師はいきなり全てを求められる

私も教師になりたての頃は本当に右左もわからず、長い教師経験を経て得られるような知識も無いので、

教師の慣例
教師としての当然の振る舞い

のような類は全く知りませんでした。

 

それ故、ミスもいっぱいしましたし、勉強にもなりました。

実際、細かい事の多くは、その状況に応じて学んでいくことも多いです。
これは教師に限らず社会人全般に言えることかもしれません。

 

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話でも話していますが

 

社会人(民間)と圧倒的に違うのは、教師というのは

新任だろうと大ベテランだろうと、生徒や保護者からすれば同じ先生

 

すなわち、初任者だろうが、一人前としてみられてしまうということです。

 

  • 初めてだから、配慮してあげよう
  • ミスは大目に見て上げよう

なんてことは一切ありません

 

最近では新採用を含む新着任者に向けて、学校の説明をしてくれるような機会もありますが、そこで教えられるのはあくまでも体系的な学校の特徴のみであり、あまり即効性のないものばかりだったりします。

 

一応初任者(教師になりたての方)には、先輩教諭が一人ついて

初任者指導

というものを行いますので、担当教諭と良好な関係が築かれていれば、しょーもないこともいちいち聞けますが、なかなかそんな都合よく出会うこともないです。

 

要は

教師は、1年目から自分でなんとかしていかなくてはならない

ということです。

 

そこで本日は、個人的に

誰かに教わったわけではないが、かなり重要で、一歩間違うと重大な出来事に発展しかねない

という内容を2つお話しします。

 

授業よりもなによりも、教師になりたてのころは事務手続上の問題でつまずくことが多い。

校務の事務手続きに関する内容です。

これこそが

ベストオブ、教えてくれないけど、大事なこと

といっても過言ではないと思います。

 

というのも

生徒指導の心得や保護者対応など

クラス運営、生徒との関わり方などは、大学時代等の座学で知る機会はいくらでもありますが

実務という部分は、教師になるまで一切触れません

 

それにもかかわらず、先に申し上げた通り、教師は1年目から全てを担っていきますので、始めに

教師独特の事務内容

を知っておくことは、あなたにとって非常に有益と言えます。

 

出席簿、教科別の出席状況の徹底を行おう

学生の頃は、簡単に「休んだり、遅刻したり」をしていました。

 

もちろん学生側ならそれでいいんですが、教師はそういうわけにいきません。

たとえ、高校1年生の1学期の出席状況だったとしても、2年後や人によっては3年後、4年後といった

今から数年先において、公の書類にその記録が載ります。

 

今週休んでいたかどうかはギリギリわかる範囲ですが

  • 先月
  • 3ヶ月前
  • 1年前

など、覚えているはずがありません

 

この欠席や遅刻関係のカウントをしっかり取れていないと引き起こされる問題としては

  • 各学期の成績入力
  • 進路先に提出する調査書(進学、就職)

に正しくない情報が載ることとなり、最悪のケースですが実際にあった例としては

調査書データの転機ミスによる懲戒処分

を受けた人を知っています。

 

懲戒処分といっても厳重注意や戒告程度でしたが。

 

あなたが思っている以上に、生徒の出席、欠席というのはシビアなデータです。

そして、授業を受けていたか、そうでなかったかはあなたにしかわかりません

 

後々想像もつかないような問題となってしまう恐れもあるので、

必ず

  • 出席簿
  • 個別の(教科別の)教務手帳=通称、閻魔帳

記録は正確に取ってください。

 

起案書

学校現場も役所仕事と同じです。

大抵のことは
上へ(管理職へ)伺いを立てて、許可を得てから自分の取り組みを実施

というのが大原則です。

 

先ほど、1年目だろうとなんだろうと、教師はいきなり全部を求められるといいました。
ということは、責任も一年目から全て乗っかるということです。

なので、逆転の発想で

全ては自分の責任に問われるのだから、いちいち伺いを立てて許可を得てから行動に移さなくても良いのではないか?

と感じてしまうでしょう。私もそうです。

 

しかし、本来教師というのは他の公務員と同じく、単なる組織の手足となっているに過ぎません。

 

あくまでも学校の責任者は、校長であり、それを補佐する事務長や教頭達が責任を取るべき立場です。

 

それにもかかわらず、そのもの達になんの許可も報告もなく、いわば

あなたが勝手に行った

ということに関しては、いくら教育活動の範囲内だったとしても

管理職等はあなたを守ってはくれません。

 

後でも話しますが、管理職に過度な期待は禁物です。

 

アテにしないが、責任だけは取ってもらおう

というスタンス位がちょうどいいと私は個人的に思っています。

 

よって、起案書というのは、あなたが思っているよりも多くの場面で登場します。

 

慣れてこれば、自分のみで必要不必要の判断が出来ますが、いきなりそのレベルは不可能に近いですし

起案をしなくていいだろう

と安易に考えた結果、想像もつかないような問題、及び責任に問われることもあることを知っていてください。

 

繰り返しますが、事が起きてからでは誰も守ってくれません

 

では、何をするにも起案が必要か?というとそんな事もありませんし、書式も正式なものと略式とを用意している学校がほとんどです。

具体的に話します。

 

学校名、校長名が絡むものは起案が必要。

学校名や校長名が登場するような書類を現場では特に

公文書

といいます。

 

法律上の公文書(公証人等によって作成された文書など)とはその効力に大きな違いがありますが

学校の責任者が発した言葉

というのは、世間的にも大きな意味を持ちます。

 

その公文書を直接校長自ら作っていなかったとしても、一度世に出てしまえば

学校長の意見、発言

として受け取られます。

 

よって、あなたが作成した書類や、何かしらの教育活動に際して学校名や校長名が、関わってくるのであれば、必ず起案が必要になってきます。

 

意外なところでいうと

あなた宛でなく学校長宛で来た、ある大会(または、ある説明会)の参加の有無を、あなたが担当窓口で、その回答したい場合

あなたが主担当(主顧問)で、単に

あなたが参加する、不参加する

という内容だったとしても

この場合、起案は必要です。

 

とはいえ、がっつりの起案では無く

この場合は略式起案でいいと思います。

 

「自分が参加する、参加しないという回答なだけなのに、なんでいちいち管理職に伺いを立てなくてはいけないのか?」

 

と思うでしょ?

 

でも、この場合は

  • 〇〇とFAXしてよろしいか、伺います。
  • 〇〇と回答して良いか、伺います。

と言った起案書が必要になります。

 

学校組織というのは、非常にどーでもいいことに時間を割かれます

 

これはそういうものなのだと割り切った方が気持ちも楽です。

いちいち突っかかる方がくたびれますし、組織は簡単に変わってくれません。

 

昔のドラマで【踊る大捜査線】というのがありましたが、そのドラマ内で、今は亡きいかりや長介が言っていました。

正しいことをしたけりゃ偉くなれ

まさにこれです。

 

自分がしたいようにしたければ、その場所で偉くならないと出来ません

残念なことに、それが今の日本です。

そしてそんな状況の中、未来ある子供を育てているのはあなたです。

 

話が少々ずれましたが、起案が必要な書類を簡単にまとめれば

程度の大小、規模の大小、提出先の規模の大小に関わらず、自分の発言が学校代表の発言となりうる内容には必ず起案が必要だ!

と覚えておいてください。

 

細かな書式等については、各学校単位で用意されているはずですから、学校の方に聞いてください。

 

保護者への文書による連絡、お金関係の書類も、起案しておく書類

例えば

  • 学級通信
  • クラブ費用の徴収

などが該当しますが、

  • 学校名
  • 校長名

登場しないこれらの書類も起案しておいた方がいい書類になります。

 

学級通信程度なら起案は必要ない

という学校も多いですが、この類の書類は

後々問題に発展しかねない要素を多分に含んでいる

書類と言えます。

 

後悔しないためにも、略式でもいいから起案しておいて損はありません

 

例えば

子供がもらって来た書類を信じて行動したら不利益を被った

という事態が発生した時に、あなたのミス、または生徒保護者のミスどちらにしても一旦はあなたに責任が問われます

 

この時、あなたがスタンドプレーで行った事であれば
保護者、管理職、両者からのお咎めは避けられません。

 

このお咎めは、教師として、社会人として、人として、必要なストレスかもしれませんし、自分が成長するいい経験と呼べるかもしれませんが、私は不必要な失敗だなと思います。

 

しかし、もっと質のいい失敗により、成長する方が効果的

だと思います。

 

いちいち書類を用意するのは面倒ですし、逆に何でもかんでも起案しなくては!と起案ばかりしていると

「お前は何も分かっていないな」

と言われてしまうので、それはそれで注意が必要です。

 

このあたりのバランスは、それこそ年月をかけて身につけてください。

 

とりあえず今は

  • 学校名、校長名が関わってくるような事案
  • 自分の意見、回答が学校代表の意見、回答となるような事案
  • 後々にトラブルに発展しかねない事案

これらの事案は、起案しておく!という事さえ覚えておけば大丈夫です。

 

まとめ

本日は、特に教師になりたての頃に失敗をしてしまいやすい

  • 出席簿
  • 起案書

この2点に絞ってお話ししました。

 

起案書は、どちらかというと校内文章なので、自分の責任のみで何とかなりますが

出席簿の方は、生徒保護者、大学、短大、専門学校、就職先などさまざまなところに迷惑がかかるため、本当に注意してください。

慣れてくると、ないがしろになりやすいですしね、出席関係って。

 

また折に触れ、陥りやすいミス、失敗しやすいことなどをお伝えしていきたいと思います。

あわせて読みたい記事

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話

生徒に放った言葉一つで校長から呼び出し!

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

テクニックカテゴリの最新記事