ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話

意見のずれ

 

ベンチャー企業なんかは、割と柔軟に

「能力があれば、ソッコーで仕事を任しますよ!」

というところもありますが

 

教師は、一年目にして独り立ちして、責任のある仕事を自分中心で回さなくてはなりません。

 

しかしこのような働き方って、教師以外には少ないです。

 

そこで本日は

教師をしていると感じにくい民間企業とのずれ

についてお話しします。

 

特に、今現在

あなたが教師をしていて、転職を考えている場合

知っておいて損はないと思います。

 

転職が気になる方は、教師は潰しが効かない?後悔しない転職をするために必要なことは、ズバリこれをあわせてご覧ください。

 

給料は自分で得るもの、という考えをもつこと

教師には売り上げの概念などまったくありません。

 

それもそのはずです。教師が提供するのは

良質な教育

であり、その教育はお金の価値に換算できないからです。

 

仕事というのは本来

営業利益があって、初めて自分に給料が支払われる

もの。

 

このことは民間で働いたことが無い人は本当に欠如してしまう部分なので

モノでもサービスでも、それらが売れてはじめてお金が流れ、そのお金が回りまわって自分の給料になる

という感覚は絶対に覚えておいてください。

 

お金に対する価値観の欠如はこんなところにも

売上や給料に限らず、教師はお金に対してルーズであり、その重要性の位置づけが低いです。

たとえば、有給。

 

年次有給休暇

 

が正式名称ですが、教師のほとんどの人は

年休

と略しますね?

 

民間では

有給

といいます。

 

1年間にこれだけの日数を休む権利がある、というイメージの教師に対して

休んでいるけど給料が発生している、というイメージは持ち合わせていない表れだと私は感じます。

 

まぁ多くの教師は、年休なんかろくに使わせてもらえないくらいの業務量をこなしているので、そもそも年休から遠ざかっている人が多いと思いますけどね。

あわせて読みたい記事

教師の勤務時間問題。長時間勤務になるのは必然?定時で帰るなんて出来るのか?を読む

 

他にもあります。

 

クラスの学級費や、部活動の諸経費などの管理も、教師は自ら行いますよね?

 

普通は、防犯上の観点や、業務の透明性の観点から

お金を扱うことができる人は限定している

のが民間です。

 

まだまだあります。

基本的に民間はタイムカードなどにより、出勤時間の管理を徹底しています。

しかし、教師はそれが全くありません。

 

教師と民間では、よりどころとなる法律が違うため、教師の労働時間を把握していなくても、全く問題が無いからです。

 

教師の勤務時間問題の記事でもとりあげましたが(一部の学校では、勤務時間の把握を徹底するうごきもみられますが)、基本教師の出退勤って

  • 出勤簿に押印(朝のみ)
  • 職朝時などに管理職による目視

なんかで、把握してますよね?

(正確にいうと、教師は「勤務時間」ではなく「在校時間」といいます。表現の違いがある理由は、法律が関係していて長くなるので、詳しくは記事を読んでください。)

 

私もよく押し忘れていました。

教師の中には、2~3か月押し忘れの人も結構ざらにいますよねw?

 

これ、民間の人からすると

マジか

って思ってしまいます。

 

「ズルし放題やん!」

「職員の働きすぎや、ワークライフバランスはどうやってはかるの?」

 

など、いろいろな意見が出そうですが、現状教師の働き方ってこうですよね?

 

これもひとえに、教師はどれだけ働こうが、手を抜こうが、給料は変わらないこと

もっといえば

法律がそれを許してしまっている

わけですから、これまで何も問題になってこなかっただけです。(今ではそれが原因で「働きすぎの状態」を作り出しているのでは?ってことが問題となっています。)

 

話がちょっとずれたので、戻しますが、このように

教師はお金に対してルーズというか、重要度(優先順位)が低い

というのも、民間とはずれているポイントです。

 

世間が求めるリーダーシップとは、ちょっと違う

教師を辞めて、どこか民間職に転職するときに、よく言われがちですが

「(元)教師は使い物にならない」

だとか

「(元)教師は世間とずれている」

とか言われてしまうことがあります。

 

給料のことや売上のこともそうですが

仕事=利益の追求

をするべきなのに、それを意識せず、あれやこれやと指示ばかりをする。

 

挙句には

「机に座って(勉強だけ教えて)、苦労せずにお金がもらえていい身分だな」

と、ある意味妬み嫉みとも取れる発言を浴びる…。

 

その人が学生時代に、教師に対して嫌なことをされた腹いせかもしれませんねw

 

まぁ、世間の全員が全員、そうじゃない(ことを願いたい)ですが

教師は、生徒の「背中を押して、時には並走して、必要に応じて前に立って、ひっぱっていく」ことができる、いわば

リーダーとしての立ち振る舞いができる

のにもかかわらず、無能扱いされてしまう

 

それはなぜか?

 

教師が発揮してきたリーダーシップの相手が、子どもだからです。

 

 

 

勘違いしないでくさい。

 

子どもにすらリーダーシップを発揮できない人は山ほどいます。

 

「教師は使い物にならない」とかほざくやつ意見をいう人に限って、自分が前に立ってものごとを進めることはできないものです。

 

教師をしていて自然と身につく

リーダー性やコミュニケーション能力

というのは、今やどこの企業でもマストで欲しがる能力です。

 

ただ悲しいことに、今の日本はまだまだキャリア(年数)に重きが置かれているところがあり

 

「いきなり、1年目からリーダーシップ発揮して、上からモノ言ってんじゃねーよ。(出直してこい!)」

と言う人は割といます。

  • 入ったばかりなのに生意気
  • 何にもわかっていないのに、しゃしゃり出てくんな

といったところでしょうね。

 

あとは気づかないところでいうと

教師はついつい

  • 腕組み
  • 頬杖をついて考え事
  • 後ろに手をまわしてあたりを見渡す

これらのことを、癖でやってしまいがちですが、このどれも「偉そう」な態度に見えます。

 

 

要は大人に対して、リーダーシップの取り方がうまくなかったり、その対応がまずい教師が多いから、無能扱いを受けてしまうのです。

 

 

あなたの周りで見たり、あなた自身が以下のような経験をしたことはありませんか?

  • 職員会議に用もないのに遅れてくる人
  • 教師同士の話し合いの方が、まとまりがないこと
  • 生徒にお願いするよりも、教師に対してお願いしたことの方が、うまくいかなかったこと

 

こんな人らでも、生徒に向かって割と偉そうに指示しますよね?

 

 

リーダー論を語りたいわけじゃないので、詳しくは掘り下げませんけど。

 

普段は、下の立場である子どもを相手にしているので、ついつい教師は

  • 自分中心
  • 自分がリーダー
  • 自分が偉い

と感じてしまう人が多いです。

 

それをはき違えて

  • 私はリーダーシップがある
  • 俺はコミュニケーションを十分とれる人間だ

と誤解してしまうのです。

 

 

しかし、これはその人(教師をしている人)が悪いわけじゃありません。

 

教師は、民間と違って、1年目や2年目に雑用扱い(お茶くみ、コピー取りなど)で仕事を覚えていくことや、先輩がつきっきりで指導してくれるということが全くありません。

 

雑用係という経験が少なく、いきなり一人立ちする(それなりに責任のある仕事を任せられる)ので、仕事とは、自分のしたいことが出来るものだ

と学習して、社会人になってしまっているからです。

 

もし、あなたが

「教師をしていたので、リーダーシップやコミュニケーションをとることに、自信があります。」

と思っている場合

 

それは本当に

「大人にも通用するレベル」のもの

であるかはしっかりと見極める必要があるでしょう。

 

ものすごく人権が守られている

「あえて言おう、クズであると!」私が出会った教師の同僚の場合で紹介しましたが、私が教師をしていた頃、同僚の一人に、控えめに言っても教師不適格者な人が赴任して来ました。

 

どんなに仕事ができない人でも、辞めさせられません。

なんやったら、一方的にならないようにご機嫌までうかがっていたりする場合もあります。

 

そういうのも、民間とはズレてるなって思いました。

 

最後に

教師と民間で、その働き方や仕事に対して大きく違うなと思うのは

  • お金に対する意識の違い
  • 自分が中心で働くという考え(個として働く)
  • 人権が守られすぎている

この3つだなと思います。

 

逆に、この3つが民間と違うからこそ

  • 儲かる儲からないではなく、しなくてはいけないから仕事をする
  • 長時間勤務の問題、働きすぎてしまう、頑張りすぎてしまう

ということが、言えると思います。

 

人の前に立って教える立場である教師に、ぜひ客観的に「教師がズレている」ポイントを知ってもらいたくてお話ししました。

 

こんな記事も読まれています

教師の勤務時間問題。長時間勤務になるのは必然?定時で帰るなんて出来るのか?

県職員の自殺から考えさせられること。幸せと残業とタイムカード

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

転職カテゴリの最新記事