複利とは?安定した公務員だからこそ実践したい資産運用

今更聞けない複利についてまとめました。公務員にメリットがある資産運用とは?

複利とは?安定した公務員だからこそ実践したい資産運用

0金利が導入されて久しい現代の日本。

残念ながら、貯金や節制をしているだけでは資産は増えません。

 

公務員である教師は「安定」と言われていますが、退職後や老後まで安泰ではない時代になってきました。

プロフィールイラスト
退職金も、たった10年で540万円減らされましたからね。

詳しくはコチラ
参考失った退職金540万円を取り戻す方法。

 

そこで本日は、資産を増やすために必要な考え。

複利で資産運用をする

このことについて、掘り下げようと思います。

 

広告

資産は「運用」で増やすしかない

アインシュタイン

あの有名なアインシュタインは言っています。

複利こそ、人類最大の発明だ

と。

プロフィールイラスト
私が物理教師だから、彼を引き合いに出したわけじゃありません。

 

複利とは「投資をしていく上で」大事な考えです。投資は「資産を運用」すること。博打じゃありません。

そう、資産は運用をしなければ絶対に増えません

プロフィールイラスト
副業やアルバイトなど「お金以外を使ってお金を生む」ことは、教師は難しいですから。

 

そして、「複利」は「長期的な投資」にこそ本領を発揮します。

男性シルエット

出ました「投資」・・・。損するイメージしか無いし。
増やさなくてもいいから、貯金で置いときたいよ。

プロフィールイラスト
そう思う方のために、もう少しだけ貯金と比較して「複利のメリット」について話します。

 

貯金では、資産は増えない。

貯金とは、あくまで「ストック」です。

今の生活を切り詰めて捻出し、「プール」しておく。

仮に、3万円毎月(積み立て)貯金して(利息0.2%の定期預金)、1年間36万円を貯金。

貯金はストックして置く事。

10年間で貯められる額は「360万円+利息=3,628,931円」

利息は、10年で「36,300円」ー税金(20.315%)=28,931円として計算

老後や教育、不足の事態に備えて貯金を戻す。利息はわずか

これを、将来の不安や必要に迫られた際の「まとまったお金」として、「バック」します。

 

これが、退職まで続けられたとしても同じ事です。

所詮「貯金」は、ほぼ切り詰めた分と同じ額を後で使うだけです。

ほぼ貯めておいた分を、後で使うだけ

そこで、置いておくのではなく「運用する=資産を増やす」考えを導入します。

失われた退職金を取り戻すには、自分の資産を「増やす」以外に方法はありません!

 

「利回り」と「リスク」を知って、「複利」で効果的に増やす!

お金でお金を増やす

お金でお金を増やそうとするなら、当然「利息(利回り)の大きさ」が直結してきます。

プロフィールイラスト
増える割合に関わってきますからね。

 

なので利息(利回り)を上げて試算してみます。

利回りとは「元本に対して、1年間でどれだけの”恩恵(利益)”があるか?」という解釈でOKです

しかし、利回りを高くすると比例して「リスク」があがります

 

定期預金や個人向け国債のように「”破綻”がなければ安心」という「リスク(ほぼ)0」だと、上記のように利息(利回り)が知れています。

プロフィールイラスト
「0.2%」あればかなりいい方です。

 

少しリスクは増えますが「社会経済が”成長”していれば安心」という「ローリスク」の投資の一つ、「投資信託」の平均利回り「5%」で計算してみましょう。

ちなみに、「期間」や「やり方」などにより大きく異なりますが(レバレッジとも言います)、「株やFX、最近だと仮想通貨」なんかは「ハイリスク」と言っていいでしょうね。

プロフィールイラスト
株であれば、「その”会社”が成長していれば安心」ってなりますから、よりどころが「国」や「社会経済全体」と比べて小さくなっていきます。

 

そして、この可能性は「皮算用」であることと「10年~20年を想定」していることはお忘れなきよう。

リスクと利回りの関係性

こんな感じです。

 

では貯金と複利の話に戻します。条件はさっきと一緒です。

毎月3万円を貯金→積立

期間は10年

 

これが年利5%の「単利」で運用していたとすると

10年間で「360万円+利息=4,323,277円」

利息は、907,500円ー税金=723,277円

10年間で723,277円、資産が増えます。

プロフィールイラスト
単利とは、元金だけに対する利息のことです。
わかりにくければ、利息は利息のままおいておくというイメージでいいです。

 

お金に働いてもらって、10年間で約72万円増えるのはありがたいです。

しかし、「退職まで続けても」失った退職金約540万円には届かなそうですね。

プロフィールイラスト
その結果「すぐ大きな利益がほしい」と目がくらむと、ついリスクやバランスを考えないで「ギャンブル的」になっちゃいます。気をつけてください。

 

ここで、アインシュタインさんの前振りが効いてきます。

「複利」

を考えます。

 

年利5%で複利(利息計算1か月)で10年間、毎月3万円ずつ積み立てて運用したら

10年間で「360万円+利息=4,428,604円」

利息は、1,039,654ー税金=828,604円

10年間で約83万円増えます。

男性シルエット

なんだ、「複利は発明!」とか言っておきながら、10年間で「たった11万円」しか変わらないじゃないか

プロフィールイラスト
複利は、長期になればなるほど効果が絶大になってきます。

 

3万円ずつ積み立て
年利5%で運用(元金)
単利で運用
(利息分)
複利で運用
(利息分)
10年間(360万円)4,323,277円
(723,277円)
4,428,604円
(828,604円)
15年間(540万円)7,022,891円
(1,622,891円)
7,398,060円
(1,998,060円)
20年間(720万円)10,081,154円
2,881,154円
11,021,048円
3,821,048円

20年運用すれば、実に100万円ほどの開きがでます。

20年複利で運用すれば、約382万円は手元に増える。

これはかなりの違いですね。

 

プロフィールイラスト
これはあくまでも、理論値です。
これよりも少なくなることはもちろんあるし、反対にボーナス時などに積立をふやせば多くもなります。
プロフィールイラスト
あとは、複数(できれば2~3種類で、利回りも変えて)に分散して、(ボーナス時などに)積立額を増やせるようにすれば
失った退職金540万円を取り戻すことは、決して不可能じゃありません。

 

複利とは?まとめ。

20年間こつこつ貯金したら720万円は貯められます。

しかし

低リスクでも「運用」すれば1000万円は超えるし、「複利」を活かせばさらに100万円も増えて1100万円になります。

プロフィールイラスト
高リスク・高利回りをとれば、もっと短期間で大きい額を得られる可能性があります。
しかし、せっかく貯めた分がなくなる可能性も高まります。
せっかく貯めたお金は、できれば減らしたく無いですよね。

 

貯金をしておくことは、もちろん大事です。

資産運用や投資というのは、「余剰資金」で行うことが絶対

だからです。

 

その点、非日常的な扱いで入ってくる「ボーナス」は、即「余剰資金」として扱えるので、ボーナスから資産運用に入るのはベストなタイミングです。

 

我々の世代は、銀行に預けていれば自然と「車が買える」「年収がまかなえる」という時代を経験していません。

むしろ、そんな考えは持ち合わせていません。

 

銀行に預けた「預貯金」ですら、時間外手続きを何度でも繰り返せば

ただ「自分のお金」を取り出すだけなのに、「自分の資産を減らして」いる

なんてことは、しょっちゅうあります。

 

ましてやインフレ(物価が上がること)がおこれば、相対的に預けていたお金の価値が目減りしていきます

自分の資産は、自分で守る。

自分の資産は、自分で増やす。

そのために、一役買ってくれるのが「複利」の考え方です。

 

公務員の悪い癖で

男性シルエット
公務員

公務員は安定だから、たぶん大丈夫だろう

女性シルエット
公務員

副業とか資産運用でお金を稼ぐのは、良くないことなんでしょ?

なんて考えてしまいます。

プロフィールイラスト
民間とズレている部分ですね。

参考

教師が民間とズレているな、と感じる仕事に対するプライドの話

 

もちろんあなたの人生ですし、投資は多かれ少なかれ「リスク」を含んでいるので、自己責任で行う必要があります

それでも、資産運用はしておいた方がいい。

 

出来るなら、複利の特性上

早く始めれば始めるほど、絶大な効果を得られることになる。

これに若いうちに気がつけるかどうかです。

 

プロフィールイラスト
私は働き出してから10年もかかりました。
無駄に10年を過ごしてきました…。

 

時間は巻き戻せません。

後悔する前に、一歩踏み出してみましょう。

複利が活かしやすい、おススメの資産運用はこの3つ。

1.低リスク商品を少額積立、複利で長期運用
投資信託ETFなどを、少額でも良いのでコツコツ積立てて運用します。得られた利益は再び長期で運用していきましょう。ネット証券の方が初心者に優しく「取扱い本数・手数料」で圧倒的に有利です!
参考SBI証券口座開設おススメ
参考初心者向け→楽天証券

銘柄選びなどに不安があれば、全自動で最適な運用が出来るサービスがおススメ。さらに長期積立で利用することをおススメします。
参考WEALTHNAVI(ウェルスナビ)オススメ
参考THEO(テオ)

2.個人型確定拠出年金(iDeCO)
節税効果も期待できます。2017年から公務員も対象になりました。年金一元化に伴い、「公務員も自分できちんと考えるように!」という表れだと、私は思います。
参考口座運営管理費が無料楽天証券 確定拠出年金

3.不動産投資
「初期費用」や「融資」などが伴うので、難易度が上がるように思うかもしれません。
しかし、投資リスクは低い部類に入ります。
まずは、記事を読んでイメージを膨らませるか、セミナーに参加してみましょう。
参考【厳選】無料で資料請求できる不動産会社、教師の強み活かしてローリスクミドルリターン狙いませんか?
参考不動産投資セミナーへ参加する前に、抑えておくべき2つのポイント。

(セミナー例)低リスクで始める資産運用!

 

複利とは?安定した公務員だからこそ実践したい資産運用
気に入ればフォロー
広告