ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

教師は潰しが効かない?後悔しない転職をするために必要なことは、ズバリこれ

教師は潰しが効かない?後悔しない転職をするために必要なことは、ズバリこれ

転職

いきなりですが、教師は転職に向かないです。

正確には、教師「以外」の仕事に「向いていません」。

 

理由はいくつかあります。

 

例えば、教師は生徒の前で指示を出す側の人間です。

 

私が嫌いな言葉ですが

「生徒をつかう。」

というやつですね。

 

さらに初任者からいきなり一人前で独り立ちします。

そんな職業は、そう多くはありません。

普通は5年から10年かけて、指示を出すポジションを築いていきます。

入ってすぐの初心者が「ほかの社員」や「お客さん」に

指示をして仕事をすすめるなんてことは、ほとんどありません。

 

他に

転職に向かない理由として、教師が

全て、「自分中心で」仕事が回っているという経験

というのもあげられます。

 

おごりでも思い上がりでもなく、まじで自分中心で仕事が回る。

回される、と言ってもいいぐらい。

 

民間の多くの仕事は、自分が休んでも仕事が回りますが

ほとんどの教師は、そういきません。

 

以上のようなズレを直すことなく

教師の「当たり前」と感じている働き方を変えずに、そのまま民間企業に再就職すると

「こんなはずじゃなかった」

となります。

 

教師の当たり前の働き方だと思っているスタイルは

多くの民間企業と違う働き方であるがゆえ

教師は潰しが効かない(教師のような働き方ができる仕事が無い)

と言われてしまいます。

 

教師が転職を考え、後悔しない再出発をするために

何を考えればいいのか?何から始めればいいのか?

そんなお話です。

 

転職すべきかどうか悩んでいる人

 

後悔しないための転職サポートを求めている人

 

教師からの転職を後悔させないために、まずは民間とのずれを意識すること

教師は、生徒の「背中を押して、時には並走して、必要に応じて前に立つ」ことを仕事にしています。

  • 人をみること
  • まとめること
  • 支持すること

これが得意と言えます。

 

さらに

  • 誰かに(顧客)情報を、与えたいと思うこと
  • 誰かを成長させたい、と思うこと

こういった特徴があります。

 

一言でいえば、教師はリーダー職ってことです。

 

しかし、民間企業でおける仕事多くは

リーダー職(指導者や監督者)に就くためには、長い年月が必要

とされています。

 

(会社経営者や役職のある人たち)がそう考えている、と言ってもいいかもしれません。

 

教師は比較的若年の頃(23歳や24歳ごろ)から、

自分中心で仕事が回る

という経験をしています。

 

授業、クラス経営、部活…

どれも、あなたが休めば、成立しなくなります。

 

だってリーダーがいないんですもの。

ま、「リーダー職」だからこそ

教師の仕事にやりがいに感じる、魅力的に思う、っていう人も多いでしょう

 

しかし、こんな働き方(仕事内容)は教師だけです。

 

教師を5年、10年と続けて来た人ならば余計に

  • 仕事は自分中心で回るものだ
  • 先頭に立ってやらなくてはいけないのだ
  • 自分が主導権を握らなければならないのだ

と考えてしまいます。

 

これが民間と大きくずれています。

教師人生が長い人ほどこの考え方を、簡単には捨てれません。

 

まず、教師からの転職を考えているあなたに、知ってほしいのは

「教師の仕事をしてきた」という経験は

多かれ少なかれ、民間の仕事とズレている仕事をしてきた

ということ。

これをきちんと理解しておいてください。

 

いかにズレているかについては、「教師が民間とズレているなぁ、と感じるポイント」をご覧ください。

 

転職を後悔しないためにすべきことは、ズバリこれだ

おススメはこれだ

民間で、一年目からバリバリ仕事を任せてくれる、という仕事は、ほとんどありません。

 

ましてや教師という仕事に対して

  • 「勉強しかしてこなかったんでしょ?」
  • 「実力(手に職)もないんでしょ?」

といった色眼鏡で見られる部分も多いのが、今の日本企業です。

 

だからこそ、自分に何ができるのか、何がしたいのかを明確に考え直す必要があります。

これをおろそかにすると、転職しても、後悔しかありません。

 

あなたが「何をしたいか」については

あなたにしか出せない答え

なので、私には答えが用意できません。

 

しかし

「あなたに何ができるか?向いているか?」

というのは、同じく教師をしていた私は、答えることができます。

リーダー性やコミュニケーション能力を発揮することができる

人の前に立つ、責任感があるなど、主体的にで物事をすすめることができる

試してみたいこと・やりたいことなど、アイディアを生み出すことができる

自分のための勉強、成長するための努力を怠らずに続けられる

他人の喜び、関わった人の成長している姿をみて、やりがいを感じることができる

これらが、あなたには出来ます。

あなたの魅力や能力といってもいいですね。

 

ズバリ、転職するにあたって、まず大事になってくることは

あなたの魅力や能力を、活かせるような仕事を探すこと。

これこそが、教師からの転職で後悔しないために必要です。

 

無料の転職サイトに登録、情報を集めよう

いきなり職を探そうと思っても、激務をこなすあなたにはそんな時間がありません。

 

そこで、まずは転職サイトに登録しておく、ということをおススメします。

「教師辞めて転職もアリかな・・・どうしようかなぁ…。」

と悩む方は、捨てアドなどでもいいので、登録してみるといいと思います。

 

教師が、転職サイトを利用する最大のメリットは

周りに知られることなく、転職サイトが一方的に「情報」を送ってくれるところです。

(いや、普通じゃね?って思いました?)

 

「まだ、そこまで本気という訳でも…」という、転職希望の低い人から

「今すぐにでも、教師を辞めたい。」と思い悩む人も

どちらの教師にとっても

教師が、働きながら転職に関する情報を集めようとすると、なかなかしんどいです。

教師を辞めたいと考えているあなたに、読んでほしい内容をまとめました。

 

情報誌を買っているとき、ハローワークで求人を見ているとき

生徒や保護者にその姿を見られたら

「あ、嫁のです。」

とか言い訳しなくちゃいけないんですよ…。

(実話w)

 

転職サイトなら、ハローワークや情報誌などと違い

傍から見て、転職情報を集めている証拠(?)は残らないし

こちらが出向く時間を作らなくてよいので、気持ちも楽です。

 

もちろん、転職サイトで「いい条件・面白い仕事」が見つかれば、ありがたいし

サイトによって、こちらの時間や都合に合わせて、面談やカウンセリングをしてくれることもある。

 

向こう(転職サイト)がくれた情報で

「ぜひ挑戦してみたい!」

という仕事と出会えれば、いうことないですからね。

 

得することはあっても、損することはない

ぜひ無料登録や資料請求だけでもしちゃいましょう。

 

詳しく書いた記事はコチラ

【タイプ別】転職サポート会社を徹底比較!あなたにあったおススメ紹介。教師からの転職を後悔したくない人必見!!

 

最後に、大事なことを言います。

転職を成功させる秘訣は、前職を続けながら、次の職場を探すことです。

 

教師に近い仕事は、塾講師?

学習

どうせ転職するなら、前職の経験を活かしたいと考えるのは普通です。

 

ってか

難関試験に合格してまでたどり着いた職(教師)なのですから

その経験を活かしたい!と考えるはずです。

 

そこで、教師の仕事に近い職を考えると

塾講師

が上がると思います。

 

私も、そう思います。

というか、塾講師の一択でしょうね。

教師を辞めて、その経験を活かすのは、塾講師が一番適しています。

 

一般的には、雇われ塾講師を考えますが

「自分で塾を開く」

と言う考え方もありますね。

 

その場合はすららネットを読んでください。

塾開講までのノウハウが知ることができます。

 

ただし、教師から塾講師にうつる際に、懸念すべきポイントは

教員時代よりも、教科指導力をシビアに問われる

ということです。

 

教師は、生徒指導、教育活動を担っている部分がありますので

言葉悪く言えば、教科指導力がなくても「逃げ道」があります。

 

しかし、塾講師にはそれがありません

  • 入試問題が解けてなんぼ
  • 出るポイントを予測する力があってなんぼ
  • 生徒の学力をアップさせてなんぼ

ですからね、塾は。

(最近の学校は、塾化していると思うのは私だけ?)

 

  • 教科指導のみを行いたい!
  • 自分が知っている知識をほかの人(生徒)に伝えたい!

と考える人は、ぜひ塾講師を検討してみてください。

 

それ以外の人(単に似ているだけと思った人)は、塾講師は辞めてください。

夜型中心の生活は、思っている以上につらいものがあります。

 

それ以上に、結果主義の塾講師は

コミュニケーションが不足して、つまらない

と転職して後悔してしまうと思います。

 

ただし、自らが塾長となれば

コミュニケーションを重視しながら、生徒の成長に携わり

なおかつ

安定した収入も可能です。

 

▽参考になるサイトはこちら▽

すららネット

 

強いコネをもっているなら、教材販売会社や教育機関への転職もアリ

教師に近い仕事を考えるにあたって、ひょっとすると

「教材販売会社(ベネッセや学研など)や教育機関(大学などの広報)などへの転職もアリなのでは?」

と考える人もいるかもしれませんね。

 

しかし、教材販売会社も大学などの広報も、所詮、他の民間の会社と大差ありません。

 

教育というカテゴリーは同じなので、前職を活かせるように思うかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。

 

あなたはこんな経験はありませんか?

教科書会社の担当者をわずらわしく思い、適当にあしらった経験。

  • 「うちの○○という商品なら効果的な学習ができますよ」
  • 「わたくしどもの教科書は、○○が強みで、電子教材にも力をいれています」

私よりも一回り以上年の離れた人が、ペコペコ頭を下げて「先生、先生」と連呼しながら寄ってくる。

 

「あーうっとおしい。こっちは忙しくてそんな時間はないんだよ。」

って。

 

教材販売会社も、民間の仕事です。

商品を売ってなんぼなんです。

 

教材販売会社ならば、学校相手にサービスを売る(商品を売る)仕事なので

教師が得意としている、誰か(人)に何かを伝える、ということを存分に発揮できない可能性が高い

です。

 

大学やその他教育機関に就くとしても、ほぼ同じことがいえます。

だって、いかに商品を買ってくれる人(生徒など)を確保できるかが、仕事上の目標になるからです。

 

今、大学の喫緊の課題の一つに、学生の確保があげられます。

 

大学はこれからますます淘汰されていきます。

短大はすでに縮小傾向が色濃く見られるようになりました。

 

あわせて読みたい記事

教育困難大学ってなんだ?何が言いたいんだ?!

 

学生を集めることができない(商品を買ってくれる消費者を探せない)と利益がでませんから、当然

「もうこなくていいよ、ハイさよなら。」

です。

 

大学は研究機関の役割も高いため、利益の優先事項は民間に比べれば低いですが

どんどん少子化が進む中、大学は生き残るためにどんな手を使ったとしても

自分の学校に学生を呼び寄せなければなりません。

 

そういった意味では、大学も民間の企業と同じです。

 

しかし、教材販売会社や大学の広報などに就職したいと考えているあなたが

学校関係者に対して強力なコネを持っているのであれば、話は別です。

 

よく、校長までいった人が大した実力もないのに

大学や教育機関に天下り…じゃなくて、再就職することがあります。

それは間違いなく「強力なコネ」を持っていることを前提に、受け入れてもらうからです。

 

現に、私が現場で働いていた時も、大学や専門学校の広報

○○高校の元校長

といった肩書の人はうんざりするくらい多かったです。

 

そんなものです。

 

教師の能力をフルで活かすなら、自営業や独立開業だけ

道しるべ

教師をしているあなたに出来ることはなにか?という問いに対して

私が答えた内容を覚えていますか?

リーダー性やコミュニケーション能力を発揮することができる

人の前に立つ、責任感があるなど、主体的にで物事をすすめることができる

試してみたいこと・やりたいことなど、アイディアを生み出すことができる

自分のための勉強、成長するための努力を怠らずに続けられる

他人の喜び、関わった人の成長している姿をみて、やりがいを感じることができる

これです。

 

これをすべて手っ取り早く満たすのは、今の日本では

  • 自営業
  • 独立開業

しかないと思います。

 

詳しくは、教師が後悔しないための独立開業の記事をご覧ください。

 

客観的に評価してもらうためにも、資格はあったほうがいい

書類を書く

教師はつぶしがきかない、と言われるのは

「教師の働き方そのものよる部分」

が大きいことは、分かってもらえたかなぁと思います。

 

しかし、あともう一つ。

 

教師からの転職が難しいポイントとして

初見で、あなたの評価をしにくい

というところがあります。

 

平たく言えば

あなたは、何が出来る人なのか?

ということが、すぐに分からないと言うことです。

 

民間からの転職であれば

  • 任されたプロジェクト内容や、その実績
  • 地位や役職

など、面談をしなくても、履歴書の段階である程度把握出来ますし

もしくは面接で、直接これまでの取り組みについて聞くことが出来ます。

 

しかし、教師には一切実績がありません!

 

しかたがないことです。

生徒の成長は、お金に換算できないし

なにより教師は、売り上げを意識しませんから。

さらに、「なべぶた式」の教師の現場では、係長や課長なんかも居ませんし。

 

ついつい「努力も評価する学校現場」に居るから、錯覚しがちですが

努力を評価するのは、基本的に学生までです。

目に見えない「あなたの経験」を、適正に評価してもらおうとするとなかなか難しいです。

 

希望している転職先の職種や部署が、人事部など

「人を育てる、人を見る。」

という場合なら、活かせるかも知れない「教師という経験」も

多くの場合、なかなか適正な評価を受けづらいです。

 

そこで役立つのが「資格」

運転免許と教員免許だけ?教師の仕事にあると便利な「資格」を取得しませんか?

 

教師は教員免許と運転免許以外に

資格と呼べるようなものを、取得していないことが多いです。

 

言葉を足せば

「教育に関わるコト以外の資格を、持っていない。」

ということ。

 

転職を考えているならなおさら、資格取得というのは考えておいて損はありません。

さっきもいいましたけど、転職は「前職を続けながら、行うのがベター」とされています。

 

時間的余裕はなかなか無いかも知れませんが、金銭的余裕なら無職よりもあるハズです。

正しくあなたが評価されるためにも、また「自分に自信をつける」意味でも

今から、有効なスキルアップをしておきましょう。

 

あわせて読みたい記事

運転免許と教員免許だけ?教師の仕事にあると便利な「資格」を取得しませんか?

 

まとめ

教師がそれまでしてきたことといえば

相手は未成年(定時制なら社会人もいますが、まぁそれはおいといて)とはいえ

  • 誰かに何かを伝えることが得意
  • 人をまとめることを得意

であり、身体にしみついてきた仕事のやり方としては

  • リーダー性やコミュニケーション能力を発揮するような仕事
  • 自分中心で回るような仕事
  • 自分のしたいことがあったときに自分の責任で自由にできるような仕事

以上のような仕事のスタイルです。

 

  • 自分が得意としていること
  • 仕事に対する価値観

これらが「がっちり」と一致する職種や企業に出会うことが、一番大事です。

 

言い換えれば

価値観があう職場や職業が見つかれば、転職は後悔しない

ということです。

 

出会い探すのめんどくさいぁ…というひとなら、自営業が最も近道じゃないかな?と思います。

自営業や独立開業に興味がある方は、教師から転職して成功するには?独立開業の例を参考に、あなたへアドバイスを見て下さい。

 

「今すぐじゃ無くてもいいけど、教師からの転職もアリかな・・・。でも独立開業はハードルが高いなぁ・・・。」

 

と悩む方は

【タイプ別】転職サポート会社を徹底比較!あなたにあったおススメ紹介。教師からの転職を後悔したくない人必見!!

を是非ご覧下さい!

 

ひょっとすると、自分が本当にしたかった仕事が、見つかるかもしれません。

無くても、登録はタダですし、損することはないですからね。

 

転職のための行動は、いきなりすぎてハードルが高い!

というひとは、資格をまず検討しましょう。

運転免許と教員免許だけ?教師の仕事にあると便利な「資格」を取得しませんか?

 

教師に限らず転職というのは人生にとって、たいへん大きなできことです。

是非、ポイントをしっかりと踏まえて、教師からの転職を、後悔がないものにしてください。

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

転職カテゴリの最新記事