ブログレイアウトを変更しました。現在記事修正中。

学習指導で悩んでいる先生へ!脳科学にそった効果的な教科指導、5つのポイント

学習指導で悩んでいる先生へ!脳科学にそった効果的な教科指導、5つのポイント

効果的な授業

日々の授業で

  • 生徒の意欲の低さ
  • 習熟度の違いによる授業展開のむずかしさ
  • 基礎学力が定着しない

などなど、教科指導で悩みを抱えている事はありませんか?

 

こちらの思惑通りに進まないのが授業ですが、ひょっとすると上手くいかないのは

脳科学的に間違った方法を押し付けているだけ

かもしれませんよ。

 

本日は、脳科学にそったアプローチで、効果的な教科指導のテクニックをお話ししたいと思います。

 

授業のテクニックその1、やる気にさせるには、やり始めるという事が大切

あなた自身でもいいですし、生徒でもいいんですが

例えば、嫌な清掃活動をし始めていたら、それなりにのめり込んで、しっかりとやっていた

という経験はありませんか?

 

とりあえずやってみよう

の精神です。

 

じつは、これは非常に効果的です。

「わからないから、やらない」

と言う生徒は

「わからない」と言っているところを【わかる】ように説明したところで、始めてくれません。

なぜならやる気になっていないからです

 

ヤル気を出させるには側坐核を刺激してあげる

脳科学的に言うと、やる気を起こすのは

側坐核という脳の部分

に刺激がある事で、やる気スイッチが入ります。

 

この刺激はなんでも良いのですが、手っ取り早いのは、

わからない、でも良いので、環境を整えて、向き合って、実際にやってみる

と言う事です。

 

「それが出来たら苦労はしない」

と思うかもしれませんが、向き合わせる方法ならいくつもあります。

 

無理にヤル気を引き出させるのではなく、まずは環境を作ってあげることが大事

ヤル気を出させるのは、側坐核を刺激することといいましたが、そこを刺激するもっとも簡単で効果的なのは

とりかかる環境を作ってあげるだけ

これだけで良いのです。

  • 鉛筆を持っていなかったら、持たせる工夫
  • うるさければ静かにさせる工夫
  • 机に真正面向いて座っていないなら、真正面に向き合わせる工夫

こんな工夫を考えればいいのです。

見放したらおしまいです。

 

やる気を出さそうにも、その子にとって

いきなりやる気を出させるのは、無理な場合もあります

そんな場合は

とりあえず始める、ということができる環境を作り出してあげること

をこちらは意識し、準備してあげてください。

 

ポイントやる気を出させるコトに重きをおくなら、まずはとりかかる環境を整えてあげるコト

 

授業のテクニックその2、小さくてもいいから目標を明確に定めるコト

脳科学的に

観念行動

という概念があります。

 

これは

無意識のうちに、身体が目標に向かって動き出す

ということです。

 

ただ漠然と、「やりなさい」というだけではいっこうにやりません。

 

また、抽象的な目標(例えば、テストで良い点とりなさいとか、授業に集中しなさいなど)でもやはり目標が曖昧で、身体が行動を起こしにくいです。

 

効果的なのは

明確に目標を定めること

これが重要です。

 

表現ひとつで、目標の明確さは明らかに変わってくる

脳には、観念行動といって、自然と身体が目標に向かって、行動を始めます。

目標が具体的かつ明確」であればあるほど、行動に移しやすくなります

 

教師のすべきことは、単に目標を設定してあげるということにとどまらず

より具体的に、生徒が即座に行動できるよう

目標を明確に設定してあげる

ということが、大事になります。

 

もう少し具体的にいいましょう。

「テストで良い点をとろう」というのではなく、「10問解けるようにしよう」

「表現を変えて」みたり

「授業に集中しなさい」ではなく、「10分間だけ取り組んでみよう」

「限定して」みたり、ということです。

 

この、目標設定や目標の内容については、個々の生徒の実態に合わせて難易度に変化をつけてあげればいいと思います。

 

ダメなのは、やみくもに(根性論のように)「頑張れ」と言い続けてしまうことです。

ピントを合わせて、明確に目標を定めてあげる。

難しいことのように思うかもしれませんが、いきなりすべてを求めるのではなく

努力すれば実現できそうな目標を、設定してあげる。というのも教師の役目の一つです。

 

ポイント目標を具体的かつ明確に定めてあげること。間違っても抽象的な表現にならないように

 

授業のテクニックその3、達成感を味わうと脳の腹側被蓋野が活性化し、再び快感を得ようとする

テクニックその2と連動しますが

脳は成功体験を味わうと一種の快感を覚え、再びその感覚を得ようとします。

この時、脳の腹側被蓋野という部分が活性化しています。

 

腹側被蓋野(ふくそくひがいや)では、ドーパミン作動性ニューロンが多く存在していて

これらのニューロンの活動は、報酬予測に関わっていると考えられています。

 

たばこやコカインなどの嗜好性のあるような行動の神経に関わっているとも言われています。

ようは

再び、その刺激がほしくなる

ということですね。

 

成功体験の積み重ねが、次の行動を自然と発生させる。

教師をしていると、いろいろなところで見聞きするかもしれませんが、生徒の成長には

小さな成功体験の積み重ねが重要

だと言われています。

 

この

やればできる、やったら出来る

ということを繰り返していくたびに、自らその欲求を満たそうと、行動に移していくわけです。

 

重要なのは、やれば出来る、努力すれば到達できる「目標である」ことです。

その見極めは、生徒によって千差万別なので、試行錯誤は必要になってきます。

 

そして、成功すれば、ささいなことでも褒めてあげてください。

 

そうすることで、快感が得られ、それが反復されればされるほど、自らその報酬(褒められる)に向けて行動をとるようになっていきます。

 

ポイント成功体験の積み重ねが大事

 

授業のテクニックその4、脳は入力よりも出力を重視する

脳は、その情報をどのくらい使う機会があるか?を基準にして、優先順位をつけます。

そして、頻繁に使われる情報ほど、脳は大事な記憶として、その連絡通路をより強固なものにしていきます。

 

頻繁に使われる情報であると脳は大事な記憶として覚えていてくれる、というわけです。

 

ここからわかるのは

いかに、脳が「入力」よりも「出力」に、重きを置いているか

ということ。

 

これは大事な情報だから…と考えて入力したところで、出力することがなければ、その記憶は薄れていきます。

 

はじめてのおつかいなどで、小さい子供が、大事なことを何度も繰り返し繰り返し呪文のように唱えているシーンを見たことないですか?

 

あれがまさにそうです。

 

繰り返し出力する場面を作ってあげる

大事な情報ほど、何度も何度も呼び覚ましてあげることで、脳にとってみるとその情報は重要だと認識します。

脳は、重要な情報だと認識すると、その情報をよりスムーズに呼び起こすために

記憶の通り道をより太くしていき、より強固に、より深く

その情報を、扱うようになります。

 

具体的な授業のテクニックについていえば

定期テスト

がまさに、記憶を呼び起こす(出力する作業)に当てはまります

 

定期テストは、成績に直結する部分ですし、どちらかというと【本番】に近いので

できることなら、その前段階。たとえば【小テスト】や【確認テスト】など

比較的気軽に、かつ頻繁に行えるようなもの

が効果的といえます。

 

授業の進度や小テスト等を準備する時間など、私たちには時間の縛りが多いのも事実なので、難しいときもあるでしょう。

そんな場合は、授業の冒頭(導入部分)のわずかな時間でもいいので、前回の復習から授業に入るようにしてみてはいかがでしょうか。

 

ポイント何度も使う情報ほど、脳は大事な情報として扱う

 

授業のテクニックその5、五感を使うことで海馬が刺激されフルに刺激することができる

これも割と有名な話ですが

本を「黙読して」その内容を記憶するより「朗読した」ほうが、よりその内容を記憶している

という実験結果があります。

 

この記憶をつかさどっている脳の部分は、【海馬】と呼ばれる部分です。

この海馬に刺激があると、その刺激の情報が蓄積されていきます。

 

この刺激のアプローチ方法は、いわゆる五感です。

  • 嗅覚
  • 味覚
  • 触覚
  • 視覚
  • 聴覚

この5つの感覚による刺激が、情報となり、海馬に記憶として蓄積されていきます。

 

授業ではどうしても

視覚に頼った情報の定着

が行われやすいのです。

 

しかし、朗読であれば

聴覚によって得られた情報

としても、その情報を蓄えていきますし

さらに、「何か、ものに触れながら」であれば、触覚によっても、海馬が刺激を与えることになります。

 

一度の授業で、五感すべてを使うことは不可能に近いですが

視覚、聴覚、触覚

この三つについては、頻繁に利用することができるので、五感を使うことが最も効果的ではありますが、最低限この三感を使うように心がけましょう

 

ポイント授業では五感を使って、海馬を刺激して記憶させる。難しいのであれば三感を使うような授業内容を考える。

 

まとめ

脳科学にそった効果的な教科指導、5つのポイントをおさらいします。
  • 側坐核という脳の部分を刺激するために、とりあえずやってみるということを大事にすること
  • 観念行動を意識して、目標を明確に定めてあげること
  • 腹側被蓋野の刺激を意識して、【できる】という成功体験の快感を繰り返して得られるようにすること
  • 入力よりも出力のほうが脳としては重要視しているため、大事なことは何度も脳から出力させてあげるような工夫をしてあげること
  • 記憶をつかさどる海馬を意識して、海馬に与える刺激のアプローチ(五感)をすべて利用すること

是非、この5つのポイントを意識して授業の準備及び授業展開を行ってみてください。

 

すぐに効果は表れないかもしれませんが、どれもやがて効果を発揮してくるものばかりですので

結果として、教師も生徒も、「無駄な努力をせずに、効率よく効果的に」学習活動が営めるようになりますよ。

 

あわせて読みたい記事

生徒のモチベーションをあげる指導、ポイントはこの6つ!

効果的な授業をするための4つテクニック!一度の授業ですべて詰め込んでも集中しませんよ?

成果をあげるためには、たった2割を集中すればよい?すべてを頑張ってしまうあなたに読んでほしい1冊

 

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

テクニックカテゴリの最新記事